« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

伊香保温泉

2011年7月30日(土) 先月の万座温泉に続き、今回も家内の母親を連れ3人でDsc00040伊香保温泉へ湯治旅。新車フィットの高速道試運転も兼ねる。如心の里ひびき野に16:10チェックイン、4012号室に入る。部屋は10畳・6畳の二間続きでゆったり。早速温泉に行く。内湯の大浴場とジャグジーは残念なことに温泉ではなく、榛名山系水道水の沸かし湯である。露天風呂のみ総合泉(黄金湯と白銀湯の混合?)と称する本物の温泉で掛け流し、泉質はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物温泉、pH6.4で源泉温度は41℃。丸い桶状に造られた露天風呂は風情こそあるものの、 浴槽が狭く3、4人入るのが精一杯、今日は満室で殊のほか競争率が高く、ゆっくり浸かるこDsc00030とは難しい。交代で妻と義母も入りに行く。夕食の献立は旬菜8品の会席料理、前菜が鬼灯盛り山桃ワイン煮、椀が冷し玉地蒸し、造りが旬の盛り合わせ、焼物が丸茄子田楽、箸休めが水雲・じゅん菜・温泉玉子、焚合わせがぼっちゃん南瓜田舎煮、中皿が上州牛陶板焼、食事は枝豆ご飯・留椀・香の物、水菓子はブルーベーリームースである。何でも料理長がミシュランガイド認定の都内某料亭で修業したと云うのが売り、味はまずまず、何より器が凝っている。夜中、本降りの雨となる。27日から降り始めた新潟・福島豪雨は7年前の同豪雨を上回る雨量となり、所によっては1,000ミリを超える。河川の堤防が各地で決壊し、浸水住宅3,000棟を越える大災害になる。大震災に加わる大水害、今年は天変地異がすさまじい。

| | コメント (0)

定点観察・増尾城址公園(柏市)

Dsc099922011年7月29日(金) ここ数日間お湿りがあったので定点観察に増尾城址公園へ出かける。前回は7月7日だったので20日ぶり、どうも最近きのこに対する情熱が冷めつつある。今日も夏枯れ状態できのこの姿は少ない。見つけたのは、アセタケ属、アワタケ、オオツルタケ、クサイロハツ、クサハツ?、サルノコシカケ科(フルイタケの幼菌?)、テングツルタケ?、ナヨタケ、ハラタケ属(ハラタケモドキ?)、ヒビワレシロハツ、フクロツルタケ、マツオウジ、ヨソオイツルタケ?の13種のみ、その上散々藪蚊に刺され泣けてくる。(写真はクサハツ?)

| | コメント (0)

やっと鰻丼

Dsc09875 2011年7月28日(木) 成田山の表参道で食べ損ねたウナギを、新柏駅前の東武ストアで購入して帰り、土曜の丑の日(21日)から一週間遅れでようやく鰻丼を戴きました。2年続きのシラスウナギの不漁で養殖鰻の値段は高騰するばかり、とうとう今年は一時、中国産や台湾産の鰻の値段が国産を上回る事態になりました。今は又少し落ち着いたようですが、これでは我が家の食卓から遠のくばかり、今年は恐らくこれが初めてで且つ終りでしょう。

| | コメント (0)

成田山新勝寺

Dsc09955 2011年7月28日(木) フィットの慣らし運転と交通安全祈願を兼ね、それと妻に車輌感覚を掴んでもらうため、成田山新勝寺まで往復90㎞のドライブ。イオンモール成田の駐車場に車を駐め、新勝寺まで裏参道を歩く。旧本堂の光明堂(国指定重要文化財、元禄十四年(1701)建立、本尊大日如来)、前本堂の釈迦堂(国指定重要文化財、安政五年(1858)建立、本尊釈迦如来)、現本堂の順でお参りしてから交通安全のお札を受ける。その後山門を下り、門前町を京成成田駅までじゃらんじゃらん、ちょうど昼時で名物のうな重を食べたかったものの有名店は2,000円以上もするので我慢し、駅前から直行バスでイオンモール成田に戻る。結局、イオンの店内食堂街にある紅虎餃子房で黒ゴマ坦々麺を食べ駐車場借用に対する謝意を表す。(写真は釈迦堂)

| | コメント (0)

七代目の自家用車

Dsc099322011年7月27日(水) 三菱アイに代る我が家としては七代目の自家用車フィット(13G)が今日納車されました。アイには結局、4年2ヶ月、55,555㎞乗りました。結構良く走ってくれましたが、そこはやはり軽自動車、高速道の長い坂道や山行時の峠道はパワー不足で辛いものがありました。ホンダ車に乗るのは初めてですが、試運転した感じでは出足がスムース、コンパクトカーなので取り回しも楽でアイと変わりません。千山登拝の目標達成が覚束なくなった山行きに、これで少し弾みが付くとよいのですが・・(写真:七代目の塗装色はアズールブルー・メタリック)。

| | コメント (0)

菜園の恵み(46) 初ミョウガ

Dsc099292011年7月26日(火) 庭の北側と菜園の一隅のミョウガの藪を覗いてみたら、期待通りに今年初のミョウガが出ていました。雨が少ないために土が硬いせいか非常に小粒です。それでもミョウガはミョウガ、これで我が家のそうめんライフが一段と豊かになりました。

| | コメント (0)

ブルーベリー実る

Dsc098652011年7月25日(月) 去年は剪定のやり過ぎでさっぱり収穫できなかったブルーベリーが、今年は漸く樹勢を回復し豊作になる。2日に1回摘んでいるが今日現在で合計600グラムをカウント、最終的には1キログラムぐらい取れそうである。但し、イラガの幼虫も大発生しており、採取する時は帽子、防虫ネット、長袖シャツ、ゴム手袋などの完全武装が欠かせない。この先暫らく刺蛾の幼虫と格闘する日々が続く。尚、収穫品は冷凍庫に保存し、後日ジャムやソースを作る積り。

| | コメント (0)

千葉菌類談話会第61回観察会(於佐倉城址公園)

Dsc098982011年7月23日(土) 8:40出発、印西市経由で9:55佐倉城址公園駐車場着。受付で参加料100円を支払い70番の腕章を受け取る。10:15~10:35総会、10:40~11:50きのこ探索。園内はからからに乾いておりハラタケ型のきのこは1本も見つからない。乾涸びたクロラッパタケと硬質菌のウチワタケ、スジウチワタケ、センベイタケ、ヒイロタケを認めただけに終わる。まあ、センベイタケとヒイロタケが初見だったことで良しとする。昼食に歴博のレストランさくらで古代カレーを食べ、13:30鑑定会を途中で中座し引き揚げる。(写真はセンベイタケ)

| | コメント (0)

菜園の恵み(45) ミニトマト絶好調

Dsc098942011年7月22日(金) 本日の収穫221個。6月22日以来の通算907個。あとどれ位穫れるか分らないが、盛りは過ぎた感じ、もともとミニトマトだが次第に小粒が多くなってきている。

| | コメント (0)

湖畔の杜レストランORAE (おらえ)

Dsc09852_2 2011年7月18日(月) 秋田駒ガ岳登山を果たし、昼食に田沢湖畔にある湖畔の杜レストランORAEに立ち寄る。ここの地ビールは、勤めていた会社の先輩が技術指導を頼まれ、4、5年前まで面倒を見ていたもの、味には定評がある。12年ぶりの訪問になるが、経営母体の㈱トーストの専務取締役K氏が当時のことを憶えてくれており、懐かしい再会に話が弾む。3月の大震災後は客足がぱったり途絶え大変だったとのこと、それでも5月の連休頃から大分回復してきたらしい。今日も3連休の最終日とあって満席で結構なことである。レモンのパスタにアイスコーヒーまでご馳走になったので、帰りに人気ナンバーワンの行者にDsc09856んにくソーセージ2袋と地ビール4本(あきたこまちラガー、デュンケル、天涯)を購入し、息子夫婦への土産とする。

| | コメント (0)

秋田駒ガ岳で出あった花(四)

2011年7月18日の秋田駒ガ岳登山で出あった花、その四。写真はヨツバシオガマとトウゲブキ(エゾタカラコウ)。他にシロバナトウチソウ、タカネアオヤギソウなど。Dsc09822   Dsc09807

| | コメント (0)

秋田駒ガ岳で出あった花(三)

2011年7月18日の秋田駒ガ岳登山で出あった花、その三。写真はエゾツツジとミヤマウスユキソウ。他にハクサンシャクナゲ、ミヤマダイコンソウなど。
Dsc09757Dsc09718

| | コメント (2)

秋田駒ガ岳で出あった花(二)

Dsc098772011年7月18日の秋田駒ガ岳登山で出あった花、その二。写真はニッコウキスゲ。他にアズマギク、オノエラン、ハクサンチドリなど。

| | コメント (0)

秋田駒ガ岳で出あった花(一)

2011年7月18日(月) 秋田駒ガ岳に登り、久しぶりに高山植物のシャワーをふんだんに浴びる。今がまさしく花盛り、掛け値なしの花の名山である。写真はイワオトギリとオニアザミ。
Dsc09675 Dsc09882

| | コメント (0)

東北六魂祭

2011年7月16日(土) 午後、仙台の居宅であるマンションの管理組合臨時総会に出席、震災の被害は意外に大きく区役所の罹災証明書の判定結果は「半壊」、有識者有志による修繕委員会を立ち上げて早急に対応Dsc09860することが決まる。その後、今日と明日の2日間にわたって開催される東北六魂祭を見物に定禅寺通りへ繰り出す。会場は人、人、人の群れ、通りは完全に人で埋まり、圧死者が出てもおかしくないほどの大混雑。パレードを行うスペースを確保できず、ねぷたも竿灯も一歩も先へ進めない。また、熱中症で倒れる人が続出するが救急車も入ってこれない始末、いやはや。結局は人の頭を見に来たようなもの、伊達政宗公を模った青森ねぷたを写真に納めただけで引き揚げる。東北六大祭りの華麗なる競演に期待し、遠方から来仙した方には申し訳ない内容であったが、六魂祭を開催することで被災地を元気づける効果は確かにあった筈、乞う御寛恕。やはり六大祭りは、現地に行って本番を観るのが一番である。

| | コメント (0)

菜園の恵み(44) キュウリ好調

Dsc095852011年7月13日(水) 今日も暑くなりそう。朝夕2回、60リットルずつの水をポリタンクで菜園へ運び、作物に灌水する日々が再来する。現在はキュウリが絶好調、4株しかないにもかかわらず、二、三日に一度位の割合で軽く5、6本は穫れる。浅漬け、酢の物、冷やしキュウリなどでもりもり食べているが、家族3人では到底食べきれない。もらってくれる人もなし、さてどうしよう。

| | コメント (0)

奥日光で出あったきのこ(Ⅲ)

Dsc095822011年7月12日(火) 愚図愚図しているうちに梅雨が明けてしまったが、タモギタケとホシアンズタケの顔が見たくて奥日光へ長征、 戦場ヶ原をカーナビ目的地にセットすると片道167㎞・4時間のロングドライブ。8:50出発、新4号線など一般道を走り13:30赤沼駐車場到着。福島第一原発事故の影響か日光も奥日光もがらがらで観光客の姿は極めて少ない。今日も猛暑、ここは1,350mの高所というのに吹きぬける風は生暖かくむっとする。千手ヶ浜へ行く次のバスは14:15、それまで附近のきのこ観察を行う。林縁部に初見のキツネノロウソクが群生しており、これは幸先良しと意気上る。14:45千手ヶ浜でバスを下りると、雲行きが怪しくなり雷鳴が聞え始める。Dsc09568 とりあえず湖畔近くのハルニレの倒木に当ると、本命のタモギタケは盛りをとっくに過ぎた老菌ばかりで拍子抜け、とても被写体にはならない。もうひとつの本命のホシアンズタケも見当たらず、それどころか他のきのこの姿も殆どない。僅かにオオワライタケ?、キララタケ、コトジホウキタケ(仮)?、ベニタケ属を見つけたに過ぎず余りの貧果に泣けてくる。それではと、西湖へ続く遊歩道に進んだが、今の時期マルバダケブキの大群落が林床を覆い隠しており、きのこ観察は到底覚束ない。諦めて引き返し、菖蒲ヶ浜まで3.8㎞の湖畔遊歩道を歩くことに。然しながらサルノコシカケ科の不明種を見ただけで、Dsc09572_2 そこにもきのこの姿は殆どない。それどころか本格的な雷雨になり、ピカピカ・ゴロゴロ・ドカーンの連続、雨も猛烈!、生きた心地もしない。とてもきのこ観察どころではなく、傘をさしながら必死に道を急ぐ。15:47赤岩、16:10菖蒲ヶ浜。現役の頃何度もお世話になった会社の保養所の前を通り16:20竜頭の滝バス停に着く。結局、もう一駅先の滝上バス停まで歩き、16:43のバスに乗って赤沼駐車場に戻る。靴を履き替えて17:00出発、帰りもR293などの一般道のみを走り21:10無事帰宅。骨折り損のくたびれ儲けとはまさにこのこと。

| | コメント (0)

菜園の恵み(43) ズッキーニ・トリエステ種

Dsc09561 2011年7月8日(金) 去年余ったズッキーニの種をビニルポットで発芽させ、今年は5株菜園に植えつけました。花は沢山咲きますが相変わらず実付きは悪く、今日初めて2本取れました。さて、最終的に何本穫れますか今後が楽しみです。それから購入した種子がもう底をついたので、種取り用の実を目一杯太らせねばなりません。忘れないようにここに記しておきます。

| | コメント (0)

市川とまと

Dsc09557 2011年7月7日(木) 家内の友人(着物着付け教室のお師匠さん)からの頂きもの。何でも実のお姉さんが市川の篤農家に嫁いでおり、そこから戴いたもののお裾分けとのこと。大きいトマトは栽培が難しく、我が家の家庭菜園では2年続けて失敗したので今年は作っていない。それにしてもビッグ!そしてジャンボ!、色艶の良さといいさすがにプロは違う。冷やしトマトにして食べると暑気払いにぴったり、M様いつもありがとうございます。

| | コメント (0)

定点観察・増尾城址公園(柏市)

Dsc095452011年7月7日(木) 曇天で絶好のきのこ観察日和。午後、名戸ヶ谷のケーヨーデイツーへ肥料を買いに行き、その足で増尾城址公園へ回る。今年はオオスズメバチが多く、今日も藪の中で睨めっこ、到底勝ち目はなくすごすごと退散する。見つけたきのこは、アカヤマドリ、アセタケ属2種、アンズタケモドキ?、イタチタケ、オオカヤタケ(仮)、オオツルタケ、カレバキツネタケ、クサイロハツ、クリイロイグチ、ケショウハツ、コテングタケモドキ、スミゾメヤマイグチ、ツルタケ、ヒビワレシロハツ、ヒメコナカブリツルタケ、フクロツルタケ、ベニタケ属3種、ミドリニガイグチの21種、今年はムラサキヤマドリタケの発生が極端に悪い。(写真はアカヤマドリ)

| | コメント (0)

菜園の恵み(42) ミニトマト好調

Dsc094982011年7月4日(月) 気温が上るにつれミニトマトが沢山収穫できるようになりました。品種はアイコとホーム桃太郎、どちらも病虫害に強く、私のような素人でも確実な成果を上げることができます。冷やしトマトだけでは食べ切れませんので、半分に切って笊で乾燥し干しトマトにしてから冷凍庫に保存します。去年の保存分をちょうど使い切ったところですが、野菜スープは勿論、カレーライスやスパゲッティに入れても、またジャムにしても美味しいので非常に重宝します。 

| | コメント (0)

キイチゴジャム

Dsc094952011年7月3日(日) 菜園の片隅に生えているキイチゴ、誰が植えたものか分りません。今年の6月初旬から順々に熟す実を取り集め冷凍庫に保管してきましたが、そろそろ終盤を迎えたので今日ジャムにしました。種は少し邪魔になりますが香りが良く、ヨーグルトにかけて食べると申し分なく美味、毎年梅雨時の楽しみのひとつです。

| | コメント (0)

ネマガリタケ

Dsc094632011年6月29日(水) 万座山登山の際に採取したやや育ち過ぎのネマガリタケ(チシマザサ)、数えてみたら72本ありました。アクの少ない万能タケノコなので、汁の実、天麩羅、ホイル焼き、煮物と何にでも利用できます。自然豊かな群馬の山の豊饒に改めて惚れ直しました。これを契機に毎年6月中旬の万座温泉湯治を我が家の恒例行事に組み入れることにしました。体力が続く限り。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »