« 宝篋山(ほうきょうさん)で出あったきのこ | トップページ | 定点観察・手賀の丘公園(柏市) »

房総のむら・里山観察会「アカマツ林のきのこ」

Dsc010042011年10月1日(土) 千葉県立房総のむら(印旛郡栄町)主催のきのこ観察会に参加。講師は千葉県立中央博物館の吹春先生、参加者は17名。最近雨が降っていないので園内林地は乾燥しており、為にきのこの姿は極めて少ない。途中から自分は採集を諦めて坂田ヶ池一周の散歩に切り替える。そんな状況でも34の瞳で探せば結構きのこは集まるもの、特にイボタケ科不明種(クサハリタケ?)、ウスヒラタケ、ドウシンタケ、ドクカラカサタケ、マンネンタケの5種はたくさん取れる。結局、  目新しいものや珍しいものはなかったが、クヌギ立ち枯れに出たウスヒラタケの群生に出逢ったことでよしとする。

|

« 宝篋山(ほうきょうさん)で出あったきのこ | トップページ | 定点観察・手賀の丘公園(柏市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宝篋山(ほうきょうさん)で出あったきのこ | トップページ | 定点観察・手賀の丘公園(柏市) »