« 「プラド美術館所蔵 ゴヤ-光と影」展 | トップページ | 崩山(白神山地)で出逢ったきのこ »

蓬田岳(阿武隈山地)で出あったきのこ

Dsc019822011年11月3日(木) 3月の震災で被災した多賀城市にあるアパートの解体撤去工事の打合せと、仙台の居宅にしているマンションの修繕委員会に出席するため今年六回目の帰仙。その行き掛けの駄賃に阿武隈山地の一等三角点峰蓬田岳に登る(詳しくは姉妹編ブログ『自惚山人ノオト』の「480.蓬田岳」をご参照ください)。登山口のジュピアランドひらたの大駐車場に車を置き山頂を往復したが、登山道脇で見られたきのこはシロノハイイロシメジ?とスギエダタケの2種のみ。山中にブナは意外に少なく、期待したムキタケには出会えなかった。また、シロノハイイロシメジは先日(10月22日)仙台の榴ヶ岡公園で見つけたものとは少し雰囲気が異なり、どちらかがハイイロシメジなのかもしれない。いずれにしても両種とも晩秋のきのこであることが分る。

|

« 「プラド美術館所蔵 ゴヤ-光と影」展 | トップページ | 崩山(白神山地)で出逢ったきのこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「プラド美術館所蔵 ゴヤ-光と影」展 | トップページ | 崩山(白神山地)で出逢ったきのこ »