« 堂ヶ島で出逢ったきのこ | トップページ | 菜園の恵み(55) 辛味大根 »

露地栽培シイタケ、悲しき絶好調

Dsc026502011年11月21日(月) 自宅の敷地北側でほた木栽培しているシイタケは、10月から出始めて只今絶好調、コナラにもサクラにもシラカシにもぼこぼこ出ている。柏市の民間会社"ベクレルセンター"(℡:04-7189-7416)にブツ(物)を持ち込めば放射能を測ってもらえるというので、毎日のように電話をしているがいつも話中で繋がらない。柏市はホットスポットなため、井戸水や菜園野菜や庭土を測りたい市民のニーズが高く、恐らく何ヶ月も先まで予約で一杯なのであろう。埒が明かないので測定は諦める。新聞情報によると、県内の露地栽培シイタケは、流山市産(11月16日採取)が831ベクレル/㎏、我孫子市産、君津市産も暫定規制値の500ベクレルを超えている。野田市産は247ベクレルとやや低いものの、まあ無理することも無い。自家産を食べるのを諦める。これまでの苦労が水の泡・・、口惜しいね。

|

« 堂ヶ島で出逢ったきのこ | トップページ | 菜園の恵み(55) 辛味大根 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 堂ヶ島で出逢ったきのこ | トップページ | 菜園の恵み(55) 辛味大根 »