« HOTEL MIRAMAR SUL(ミラマル・スル) | トップページ | ナザレの市場に並ぶ魚 »

ナザレ(Nazare)

2012年1月14日(土) 夜中にDsc03459何回か目が覚める。5:20起床。モーニングコールが7時半なので時間が有り 余る。煎餅やほしいもを齧りながらガイドブックで復習と予習。7:30朝食、4階に上る。ベーコンとソーセージ、ダノンヨーグルトと黄桃のシロップ煮を食べコーヒーを飲む。出発まで時間があるので、ホテルの道向の松林できのこ観察。マツの種類はイタリアカサマツかヨーロッパクロマツ、松毬の長径が10㎝以上ある。30分ほどでササタケ、チチアワタケ、チチタケ属、ホコリタケを見つける。朝は2℃とさすがに冷え込んでいるが、冬期でもこれなら季節の良い時期には色々なきのこが出るのでは。観光よりずっと楽しい。9:00ホテル出発、ナザレ観光へ。先ずはビエイラ・ギマランイス通りにある市場見学、野菜や果物、肉類と何でも揃うが、魚介類部門を集中的に見学する。生魚が殆どで目の前の大西洋で獲れた地魚かも。種類は、判別できたもので、アカエイ、アジ、イカ、イワシ、ウナギ、オマールエビ、カニ、カレイ、クロダイ、サバ、サメ、タイ、タコ、チゴダラ?、ヒメジ、マトウダイ、メダイ?、ユメカサゴ?など。どれも新鮮で美味そうである。ま た、Dsc03482 売り手も買い手も殆どが女性で、お年寄りの女性はナザレの伝統衣装を身に着けている。7枚重ねの短いスカートにエプロン、頭に巻いたスカーフとスリッパという独特のスタイル、未亡人はこれが黒づくめになるらしい。バスに戻ってシティオ地区の展望台へ上る。まず展望台の脇に建つメモリア礼拝堂を見学する。外観は何の変哲も無い小さな礼拝堂であるが、生母マリアの奇跡が起こった場所として知られ、御堂の中にはキリスト像が安置され、内壁・天井とも美しいアズレージョで覆われている。展望台からオレンジ色の甍を連ねたプライア地区の街並と長い海岸線とを眺める。まさに絶景である。その後、広場に面して建つノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会(聖母マリア教会)にも入り、ナザレの守護聖人像やバロック様式の主祭壇を見学する。10:15次の観光地バターリャへ向け出発。

|

« HOTEL MIRAMAR SUL(ミラマル・スル) | トップページ | ナザレの市場に並ぶ魚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HOTEL MIRAMAR SUL(ミラマル・スル) | トップページ | ナザレの市場に並ぶ魚 »