« ハレの日仙人 | トップページ | 純米大吟醸 播州久米産山田錦100% »

富士浅間神社(柏市)

Dsc031162012年1月1日(日)辛酉(かのととり)・先勝(せんしょう) 平成二十四壬辰(みずのえたつ)閏年が明ける。お雑煮を食べてから近所の浅間神社に初詣、今年一年の家内安全と平穏無事を祈願する。浅間神社の由来書によると、「当社は中新宿字浅間前二三四ノ一、二三四の二番地に在り、御祭神として木花開耶姫命を祀る。鎮座の年記不詳なるも五百有余年の歴史を有する霊験あらたかな神と景仰される神社である。里伝えに言われることはこの地において大杉朽株発掘して金像を得たという地形が富士に似ているので社殿を設け金像を御神体に奉祀し富士浅間神社と名称したといわれる。今なお掘出の池と号する池があり往時この池からの湧水を御神水として遠近の人々に愛用されたるも戦後荒廃したままであったが平成二年六月環境保全の一環として厳島神社再建とともに整備された。石段及び敷石は同年十二月竣工、石の鳥居は御大典記念に大正五年十月建立、現在の神社は昭和四十八年十月再々建にして氏子戸数二十三戸あり。云々」とある。全国に1,300社あるという富士山本宮浅間神社の末社のひとつであろう。  

|

« ハレの日仙人 | トップページ | 純米大吟醸 播州久米産山田錦100% »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハレの日仙人 | トップページ | 純米大吟醸 播州久米産山田錦100% »