« 国指定史跡 小田城址 | トップページ | ふかひれがゆ »

西新井大師

Dsc031622012年1月5日(木) 家人と足立区の西新井大師にお参りに行く。初詣は近所の神社で元日に済ませたが、改めて厄除祈願に関東三大師のひとつ西新井大師に参詣する。正式な寺名を五智山遍照院總持寺と言い 、真言宗豊山派のお寺である。天長の昔、弘法大師が関東巡錫の途中、此の地で観音菩薩の霊託を聞き、ご本尊の十一面観音菩薩像を自刻し、寺院を建立したことに始まるとされる。正月も五日というのに参拝客は引きもきらず、境内は人で一杯である。参道の両側には露天がずらりと並び、威勢の良い掛け声が飛び交う。 本殿にお参りし今年一年の家内安全と平穏無事とを祈願する。とても境内をゆっくり見学するような雰囲気ではないので、名物の草団子とくず餅を購入しただけで早々に引き揚げる。

|

« 国指定史跡 小田城址 | トップページ | ふかひれがゆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国指定史跡 小田城址 | トップページ | ふかひれがゆ »