« ほた木に出ているきのこ | トップページ | 富士浅間神社(柏市) »

ハレの日仙人

Dsc031072011年12月31日(土)庚申(かのえさる)・赤口(しゃっく) 災厄続きの平成二十三年も今日が大晦日、さいたま市に住んでいる娘夫婦と仙台市で暮らしている息子夫婦が集まり家族7人が勢揃い、賑やかにお年取り料理が並ぶ食卓を囲む。メインディッシュは娘夫婦が北海道から取り寄せたズワイガニのカニしゃぶ、それと仙台の風習である子持ちナメタ(ババガレイ)の煮付けの二品。飲み物は息子夫婦持参の「ハレの日仙人」ビールと、小宅で準備したキリンの一番搾り。前者のハレの日仙人は、㈱ヤッホーブルーイングが超々長期熟成を謳う特醸ビール、ラベルには「ハレの日仙人は、人生の折り目、節目のお祝いごとの席でお飲み頂くために誕生したビールです。とてつもなく長い間タンクの中で熟成し続け、その特別な時を迎えます。お祝いの席に華を添えるのに相応しく手間と時をかけたこのビールは、深い琥珀の色合い、キャラメルやコーヒーを思わせる香ばしさ、ふくよかな旨みとデリケートな苦み、ゆっくりとかみしめたくなるような芳醇さが感じられます。熟成にかけた時間だけが生む余韻をお楽しみください」と書いてある。アルコール分9.5%のバーレーワインスタイルの濃醇なビールは、純米大吟醸酒同様お年取りに飲むお酒にぴったり、コップ一杯をちびちびやるうちにすっかり酔いが回る。ネットでこっそり調べると750ミリリットル入り1瓶が3,150円もする。恐らく日本一高い、と云うことは世界一高価なビールである。1ミリリットルが4円20銭、通常ビールの10倍近く、いやはや、ご馳走さまでした。

|

« ほた木に出ているきのこ | トップページ | 富士浅間神社(柏市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほた木に出ているきのこ | トップページ | 富士浅間神社(柏市) »