« 世界遺産「ヴィリニュス歴史地区」 | トップページ | ヴィリニュス大学 »

聖ペテロ&パウロ教会

Dsc04598バロックの街ヴィリニュスを代表する記念碑的建造物。建物そのものは1668年から7年間かけて造られたが、内装にはその後30年余りの時間がかけられている。内部を飾る2000以上の漆喰彫刻群は圧巻、聖人、天使、動物、植物、ひとつとして同じものがないといわれる。また、聖ウルスラのチャペルに飾られる聖女像は、S.APOLONIA V.M.、S.MARIA MAGDALENA、S.BARBARA V.M.、S.CATHARINA V.M.の4体であるが、その中で薬瓶を持つ聖マリア・マグダレナだけは現代風(といっても17世紀当時の)の衣装を身に着けている。これは彫刻家のひとりベレッティのリトアニア人の奥さんがモデルになったためだという逸話が残る。

|

« 世界遺産「ヴィリニュス歴史地区」 | トップページ | ヴィリニュス大学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界遺産「ヴィリニュス歴史地区」 | トップページ | ヴィリニュス大学 »