« 菜園の恵み(60) 新玉ネギ | トップページ | 定点観察・榴ヶ岡公園(仙台市) »

南湖神社(白河市)

2012年5月18日(金) 国道4号線を使って仙台へ帰省する道すがらDsc09038白河市の南湖公園に立ち寄り、湖畔に建つ南湖神社にお参りする。南湖神社の建立は大正十一年(1922)六月十一日、祭神に陸奥白河藩第三代藩主松平定信公(白河楽翁公)を祀る比較的新しい神社である。定信公を崇敬する地元市民や渋沢栄一らの尽力により竣工されたもの。境内に福島県指定重要文化財の茶室、松風亭蘿月庵(しょうふうていらげつあん:1795年頃建造、内部の拝観は有料で300円)と、樹齢200年の楽翁櫻がある。また「楽翁渉世十法」の看板が掲げてあり、「一、寧静是養心第一法。二、謹謙是保身第一法。三、読書是広智第一法。四、勤倹是治生第一法。五、含容是待人第一法。六、慎交Dsc09045是遠害第一法。七、安詳是応事第一法。八、知足是享楽第一法。九、存厚是招福第一法。十、寡欲是延寿第一法」とある。老中首座、将軍補佐として寛政の改革を取り仕切り、名君と慕われた人物はさすがに言う事や心掛けが違う。青い湖をアカマツの並木が取り囲む南湖公園は、定信の命により造成され、享和元年(1801)に庶民に開放された日本最古の公園。たまたま車を駐めた所は南湖十六勝十七景のひとつ「千世の堤(ちよのつつみ)」、傍らに下野藩主堀田正敦の歌碑「雨風にゆるかぬ千世の堤こそ くにを守りのすかたなりけれ」が建つ。実に風光明媚なところである。アカマツ林に今はきのこの姿は見当たらないが、秋にでも又訪れてみよう。 

|

« 菜園の恵み(60) 新玉ネギ | トップページ | 定点観察・榴ヶ岡公園(仙台市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菜園の恵み(60) 新玉ネギ | トップページ | 定点観察・榴ヶ岡公園(仙台市) »