« 礼文島名所巡り | トップページ | 桃岩遊歩道(桃岩登山口~元地灯台~知床) »

礼文岳で出逢ったきのこ

Dsc006622012年8月21日(火) 強風と雨と霧の中、登山口の内路から礼文岳山頂を約5時間かけて往復し、ダケカンバ、ミヤマハンノキ、ナナカマド、エゾマツ、トドマツ、ハイマツ、チシマザサなどが生い茂る針・広混交林の登山道沿いできのこ観察を行う。最果ての北の島には種類、量とも豊富なきのこが発生していたが、久しぶりに登山する妻に気配りが欠かせない上、林の中は薄暗くて老眼ではなかなか焦点が合わず、絶好の機会をいまいち生かし切れず。
《観察種》
1.アラゲコベニチャワンタケ?、2.ウラベニガサ科、3.カバイロツルタケ、4.カラハDsc00547ツタケ、5.キアブラシメジ?、6.クサウラベニタケ、7.コガネテングタケ、8.シロオオハラタケ、9.タマゴタケ、10.チチタケ属(乳液は黄色)、11.ツルタケ、12.バライロウラベニイロガワリ、13.ヒナアンズタケ(オレンジ色型)、14.フクロツルタケ、15.フタイロニセフウセンタケ?、16.ベニタケ属各種、17.ベニハナイグチ、18.ヘラタケ、19.ミドリニガイグチ、20.モリノカレバタケ属各種、21.ヤマドリタケモドキ、22.ワタカラカサタケ
(写真は上がコガネテングタケ、下がバライロウラベニイロガワリ)

|

« 礼文島名所巡り | トップページ | 桃岩遊歩道(桃岩登山口~元地灯台~知床) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 礼文島名所巡り | トップページ | 桃岩遊歩道(桃岩登山口~元地灯台~知床) »