« 菜園の恵み(72) 鳴門金時 | トップページ | 自家栽培農産物等の放射性物質濃度測定結果 »

吟醸花酒 薩摩自顕流

Dsc007962012年9月11日(火) 今年の4月、友人たちと九州旅行に出かけた家人がお土産に購入してきたもの。蔵元は錦灘酒造株式会社(鹿児島県霧島市溝辺町麓876-15、電話0995-58-2535)、米と米麹を原料とするアルコール分25度の本格焼酎である。吟醸花酒とは、極寒の時期に、精白された米を原料にじっくりとモロミを発酵させ、更にモロミを蒸留する際に最初にとれる高品質の酎(花酒)のみを瓶詰めしたものらしい。梨を思わせるフルーティーな香りがあり、ロックで飲むとさっぱりして非常においしい。この夏ずっと愛飲しているがまだ一升瓶の半分くらい残っている。暫らく楽しめそうである。なお、2009年のIWSC(International Wine & Spirit Competition)の焼酎部門でThe IWSC トロフィー(銀賞)を受賞したとのこと、品質は国際的にも認められている。

|

« 菜園の恵み(72) 鳴門金時 | トップページ | 自家栽培農産物等の放射性物質濃度測定結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菜園の恵み(72) 鳴門金時 | トップページ | 自家栽培農産物等の放射性物質濃度測定結果 »