« 国立科学博物館筑波実験植物園「きのこ展2012」 | トップページ | カリン飴 »

きのこ図鑑「信州のキノコ」

Dsc021782012年10月27日(土) 先日上高地のビジターセンターを訪れた際、参考図書の架台で見つけたもの。ネットでアマゾンに注文し昨日届く。信濃毎日新聞社発行の2000年第4刷版で、もとの定価2,800円が送料込で2,750円也。樹林帯別に発生する種類がまとめられ、全680種掲載、複数の写真が記載されている種類も多く、写真総数は820枚もある。解説はなかなかユニークで面白い。昨夜遅くまでかかってひととおり目を通したところ、2009年9月に奥日光の西ノ湖畔で見つけ種名が分からなかったぶよぶよきのこは、ニカワウロコタケと判明する。早速、「私のきのこ図鑑(1)」に掲載しすっきりする。

|

« 国立科学博物館筑波実験植物園「きのこ展2012」 | トップページ | カリン飴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国立科学博物館筑波実験植物園「きのこ展2012」 | トップページ | カリン飴 »