« 袈裟山千光寺(岐阜県高山市) | トップページ | 上高地で出逢ったきのこ »

乗鞍観光ホテル山百合

Dsc020032012年10月21日(日) 今日から2連泊、案内されたのは8畳和室のヒヨドリの間。山小屋風の建物で設備やアメニティーはいたってシンプル、余計?なものは一切ない。ゆこゆこで予約したが紅葉のオン・シーズンで一泊10,000円未満は魅力的、近くの白骨温泉に比べると格段に安い。各部屋に風呂はなく大浴場のみであるが、紛れもない源泉かけ流し、4.5×1.6mの総檜の大浴槽から乳白色の湯が常時溢れている。湯川源泉の湧出温度は46度、pHは表示がないので分からないが、泉質は単純硫黄泉、湯は熱めで温泉らしい温泉である。夕食のメインは信州サーモンと肉料理、初日は信州サーモンのたたきとローストビーフ、二日目は信州サーモンのお造りと鴨のロースト、味はまずまず。ただ、アサヒのスーパードライとサッポロのエビスは置いて有るのに、キリンビールが無いのが難。

|

« 袈裟山千光寺(岐阜県高山市) | トップページ | 上高地で出逢ったきのこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 袈裟山千光寺(岐阜県高山市) | トップページ | 上高地で出逢ったきのこ »