« 定点観察・船橋県民の森(船橋市) | トップページ | トルコ産マツタケ »

映画「北のカナリアたち」

Image00042012年12月3日(月) 今夏、礼文島を訪れた時に、島内各地で近日公開として大宣伝されていた映画「北のカナリアたち」。礼文島と利尻島がロケ地であり、吉永小百合主演とあっては見逃すわけにいかない。両島の人々には利尻岳と礼文岳登山で大変お世話になっているし、また、隠れサユリスト(家人には、ちっとも隠れていないと云われるが・・)としてもぜひ見ておかねば。一人で行くのは抵抗があるので、渋る家人を誘ってTOHOシネマズ流山おおたかの森へ。11月3日の公開以来5週目に入って観客は減少しており、55人席のプレミア館でゆったり鑑賞する。
東映創立60周年記念作品だけに豪華キャスト揃い、小百合さまの演技力は昔からあまり変わらないが、芸達者な面々が脇をがっちり固めている。中でも若手ながら宮崎あおいは出色。また、「剣岳 点の記」で監督を務めた名キャメラマン、木村大作のカメラワークはさすが。冬の北地、日本海に浮かぶ離島、礼文・利尻の暗さ、侘しさ、厳しさを余すところなく映し出し、はる先生と6人の教え子の心の絆、人間の温かさを対照的にあぶりだす。ラストは感動的で☆☆☆☆。映画の後、同じ階のイタリアレストラン・サレルノ流山店で昼食。

|

« 定点観察・船橋県民の森(船橋市) | トップページ | トルコ産マツタケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定点観察・船橋県民の森(船橋市) | トップページ | トルコ産マツタケ »