« 定点観察・船橋県民の森(船橋市) | トップページ | 歳取り魚 »

自家産露地栽培シイタケの放射能値

Dsc024142012年12月26日(水) 今年の10月から取り貯めていた自家産原木栽培シイタケが漸く700グラム以上集まったので、18日に柏市消費生活センターに持ち込み、放射能を測定してもらいました。本日結果が郵送で届き、合計は656ベクレル/kg、一般食品の基準値100Bq/kgを大幅に上回っております。柏市ホームページにある「持ち込みによる食品・井戸水等の放射性物質測定の結果」一覧表で他のシイタケの結果を調べると、手賀沼周辺で露地栽培されたものが459ベクレル/kg(2012年11月)、ほぼ同じレベルです。柏市近隣では、我孫子市産露地栽培シイタケが1955Bq/kg(2011年9月)、白井市産同が740Bq/kg(2012年4月)、どうもシイタケはほた木に沈着したセシウムを選択的に吸収して成長するようです。昨年3月の原発事故以来、我が家の栽培シイタケ(ナメコとヒラタケも)を食べるのはストップしておりますが、この結果では致し方ありません。

|

« 定点観察・船橋県民の森(船橋市) | トップページ | 歳取り魚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定点観察・船橋県民の森(船橋市) | トップページ | 歳取り魚 »