« 映画「北のカナリアたち」 | トップページ | 定点観察・手賀の丘公園(柏市) »

トルコ産マツタケ

Cimg04112012年12月4日(火) 柏駅前の高島屋駐車場を利用する為、地階の食品売り場で家人が購入してきた松茸はトルコ産。3本入りパックが何と780円と格安。色白のカナダ産の半値だったらしく、柄がやや短いものの外見はこちらの方がずっと国産品に似ている。豪快?に焼きマツタケと炊き込みご飯にして味わう。香りも北米産より強く、美味。トルコ中部のアダナ市近郊の村で採れるらしく、外生菌根樹種はレバノン杉(ヒマラヤ杉説もある)とのこと。学術名はトリコローマ・アナトリカム(Tricholoma anatolicum)。但し、日本産松茸(T.matsutake)と北・中米産マツタケ(T.magnivelare)の方がDNA的に近いとあっては、マツタケも見かけによらぬものである。

|

« 映画「北のカナリアたち」 | トップページ | 定点観察・手賀の丘公園(柏市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「北のカナリアたち」 | トップページ | 定点観察・手賀の丘公園(柏市) »