« LUNGAROTTI CADETTO UMBRIA BIANCO 2010 | トップページ | 本シシャモ »

特別展「飛騨の円空 - 千光寺とその周辺の足跡」

Img0272013年3月2日(土) 久しぶりに上野の東京国立博物館へ。同館で開催中の特別展「飛騨の円空 - 千光寺とその周辺の足跡」を観るべく。現存する円空仏は5300体ほど、そのうち3000体は愛知県に、1600体は岐阜県にあり、円空の出身地美濃国とその周辺地域に数多く残る。今回の特別展には岐阜県高山市の寺社が所蔵する100体が出品されており、100体のうち61体は千光寺の所蔵品(全て岐阜県の重要文化財)である。とすれば、昨年の10月21日に千光寺を訪れた際、寺宝館を見学してくればよかったのだが・・後の祭り。まあ、清峰寺の千手観音菩薩立像・聖観音菩薩立像・竜頭観音菩薩立像、東山白山神社の如意輪観音菩薩像、素玄寺の不動明王立像、霊泉寺の愛染明王坐像、桂峯寺の十一面観音菩薩立像など他の寺社が所蔵する傑作も拝観できたのでよしとせねば。慈愛に満ちたたくさんの円空仏との出逢いに心がほのぼのした一日。

|

« LUNGAROTTI CADETTO UMBRIA BIANCO 2010 | トップページ | 本シシャモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LUNGAROTTI CADETTO UMBRIA BIANCO 2010 | トップページ | 本シシャモ »