« セイヨウフキ | トップページ | 夜のブカレスト散歩 »

ATHENEE PALACE HILTON

2013年4月13日(土)  16:10 シナイア僧院を後にしブカレストへ帰る。又も車Dsc00121中でうつらうつら、この5日間の疲れがどっと出る。時々目覚めて車窓から眺めると湖畔に太公望の姿、結構釣りは盛んな様子。森林も多く茸も出るのであろうが、とうとう今回の旅では出逢えず仕舞い。立ち枯れにヒラタケらしき茸を目撃したにとどまる。17:45 IKEAやCarrefourなど大型店が建ち並ぶパワーセンターに寄り1時間の買い物タイム。現地通貨は殆ど使い切ったし買いたいものもないしで、ひとりビールの価格調査。カルフールにおける500ミリリットル缶の価格は、URSUSが2.49Lei(75円)、TIMISORENAが2.39Lei(72円)、URSUS BLACKが2.70Lei(81円)、GOLDEN BRAUが2.40Lei(72円)。安い!。ガソリンスタンドの売店の半Dsc00122_2値。19:05ブカレスト市内の凱旋門の前で降り、今度は写真タイム。第一次世界大戦の勝利を記念し、パリの凱旋門を真似て1919年に建てられたもの。19:40 今宵の宿アテネ・パレス・ヒルトン到着。革命広場前に建つ1914年創業の老舗ホテルは五つ星、ロビー奥の列柱の間を通りぬけ、エレベーターで446号室に上る。さすがはブカレスト最高級ホテル、ゆったりしたダブルベッドが1台、バスローブとスリッパ付き、他のアメニティーも至れり尽くせり、電気ポットにコーヒー・紅茶・緑茶・ハーブティー、目覚まし時計、アイロンまで何でも揃っている。但し、インターネットは有料で24時間66Lei(2,000円)也。TVはDsc001262チャンネルがCNN、3チャンネルがBBC。19:50からホテルのレストランで夕食をとる。お品書きが付いて、野菜のクリームスープ、白身魚(テラピア)のソテー、チョコレートミルクムースの3皿。ムースは美味しいけれども、スープは塩辛く、テラピアは味がない。五つ星ホテルが出す料理とは思えず、これなら市内の中華料理店にでも連れて行ったもらう方が余程まし。麦酒ウルススの小瓶が5€、値段は一丁前である。21時半にロビーに集まり、希望者だけで夜の散歩に出かけることに。

|

« セイヨウフキ | トップページ | 夜のブカレスト散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セイヨウフキ | トップページ | 夜のブカレスト散歩 »