« バラ祭りの歴代女王 | トップページ | ヴェリコ・タルノヴォ(Veliko Tarnovo) »

シプカ峠

Dsc095922013年4月10日(水) 15:45バラ産業博物館を後にし次の目的地ヴェリコ・タルノヴォへ向かう。車窓から見る平原にこんもりした盛り土の塚が幾つも現れる。全てトラキア人の墓らしく、まだまだ未発掘のものがあるということか。10㎞ほど走るとシプカ村、此処に住んでいる日本人家族があり、珍しいのでよくTV取材を受けるとか、TV朝日の「世界の村で発見!こんなところに日本人」的な番組らしい。露土戦争の激戦地シプカ峠(手持ちの世界地図にはシプチェンスキー峠)へ続く道は次第に山に分け入る。バスはぐんぐん山坂を上っていく。標高1000m付近はまだ裸木、広葉樹は芽吹いていない。樹木は、アカマツ、白樺、ブナ、ヨーロッパトウヒ?など。路Dsc09588傍に雪も残る。下界に三日月形の湖が見えると山頂が近い。16:15標高1326mのシプカ峠到着、ひと休み。スタナプラリナ山の頂に聳え立つのは高さ32mの自由の碑、ロシア・ブルガリア連合軍の歴史的勝利を記念するモニュメントである。先ほどカザンラクの街からも視認している。せっかくなのでシプカ峠名物の水牛ヨーグルトを食べる。蜂蜜スティックとスプーン付きで2Lv(130円)、特に癖はなく、弱い酸味があるだけの固いヨーグルト。16:45バスに戻る。

|

« バラ祭りの歴代女王 | トップページ | ヴェリコ・タルノヴォ(Veliko Tarnovo) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バラ祭りの歴代女王 | トップページ | ヴェリコ・タルノヴォ(Veliko Tarnovo) »