« 世界文化遺産「ビエルタンの要塞教会」 | トップページ | ルーマニア産ワイン »

ルーマニア民族舞踏ディナーショー

Dsc111112013年4月12日(金) 16:50ビエルタンの要塞聖堂を後にしブラショフへ。良く見ると民家の庭にはブドウの樹が2、3本必ず植えてある。ブドウ棚を造っている家もあり、ワインを自家醸造するのかも。18:10ガソリンスタンドでトイレ休憩、売店でチョコレート菓子を買う。19:30ブラショフ市内に戻り、レストランCERBUL CARPATINで夕食。スリムなルーマニア美人が出迎えてくれる。まず食前酒?、ルーマニアワイン3種の試飲がある。白、白、赤、どれもややライト、さっぱりしてる。席を移動し食事の会場へ。男性4人、女性4人が組で踊る賑やかな民族舞踏ショーが始まる。前菜はマッシュルームの肉包み、鶏肉の唐揚げ、レバDsc11130ーのベーコン巻、ソーセージのパイ包みの4品、これが全部不味、何時作ったのか冷たくぱさぱさ、いけません。旅行会社のサービスで食事にも白ワインJIDVEI FETEASCA REGALA 2011が付く。アルコール分11.5%、やや甘口でややライトなワインは飲みやすい。ルーマニア産ワインは大部分がバルクでフランスやイタリアへ渡り、そこで瓶詰めされて彼の地のワインに化けて日本へ輸出されているとのこと。主菜は鶏肉とソーセージのシチュー、それにスクランブルエッグ、これまた不味。ブラショフのレストランは昨日と云い今日と云い美味しくない。料理を食べずにワインをぐいぐい飲るので、酔いに酔う。料理の不始末を補うかのように踊り子達は熱烈、曲ごとに衣裳を換え、手拍子、足拍子も賑やかに何曲も何曲も激しく踊りまくる。歌姫はふたり、先ほど入り口で出迎えてくれた女性も出演しソロで歌う。最後のデザートのケーキもいまひとつ、やれやれ泣けてくる。まぁともかくもブラショフのナイトライフを楽しみラマダホテルに戻る。時刻は21:50、トイレは完璧に修理されており一安心。今日のメモに手を入れ、風呂から上がると23:25、Noapte buna(おやすみなさい)。

|

« 世界文化遺産「ビエルタンの要塞教会」 | トップページ | ルーマニア産ワイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界文化遺産「ビエルタンの要塞教会」 | トップページ | ルーマニア産ワイン »