« 夏油温泉・元湯夏油 | トップページ | フキ »

宮澤賢治記念館(花巻市)

2013年5月21日(火)  4:15起床、再び夏油温泉の湯巡り。白猿ノ湯を皮切りに、小天狗ノ湯(効能:リウマチ・高血圧)、真湯、大湯、疝気ノ湯の5つの温泉をめぐる。湯当りしてふらふらになったDsc00250が、疝気ノ湯の浴槽に山桜の花びらが浮かび桜湯?状態、山の出湯の雰囲気は最高。火照りを冷ますべく、風呂上りに付近の写真撮影に赴く。露天風呂内の撮影は禁止されているので、薬師神社と見印の杉(推定樹齢850年)、山の神と桂の巨木(兄弟桂、推定樹齢500年)を写真に納める。その間に妻は白猿ノ湯と滝ノ湯に入ってきたそう。7時から朝食。塩鮭に納豆、温泉卵の普通の和食だがコーヒー付き、水が良いのでコーヒーはうまい。8:00元湯夏油をチェックアウト、渓谷沿いの狭い道から2車線道路に出たところでフキ採り、伸びたばかりの若い柔らかい茎葉を50本ほど採取する。9:20花巻市の宮澤賢治記念館着、入館料350円、10:40まで見学する。自筆原稿や手帳など文字資料が多く真面目な展示内容であるが、老眼の身で薄暗い中、じっくり試料を読み込まねばならぬのは少々辛い。賢治の字は意外に稚拙、まァ他人の事を言えた義理ではないが・・。「銀河鉄道の夜」の自筆原稿、「雨ニモマケズ・・・」の詩編が記された手帳など観る。「雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモ夏ノ暑サニモマケズ 丈夫なカラダヲモチ 慾ハナク 決シテ瞋ラズ イツモシヅカニワラッテヰル 一日ニ玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ アラユルコトヲ ジブンヲカンジョウニ入レズニ ヨクミキキシワカリ ソシテワスレズ 野原ノDsc00253松ノ林ノ蔭ノ 小サナ萱ブキノ小屋にヰテ 東ニ病気ノコドモアレバ 行ッテ看病シテヤリ 西ニツカレタ母アレバ 行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ 南ニ死ニサウナ人アレバ 行ッテコハガラナクテモイイトイヒ 北ニケンクヮヤソショウガアレバ ツマラナイカラヤメロトイヒ ヒドリノトキハナミダヲナガシ サムサノナツハオロオロアルキ ミンナニデクノボートヨバレ ホメラレモセズ クニモサレズ サウイフモノニ ワタシハナリタイ 南無無辺行菩薩 南無上行菩薩 南無多宝如来 南無妙法蓮華経 南無釈迦牟尼仏 南無浄行菩薩 南無安立行菩薩」。11:00イギリス海岸へ移動。北上川に瀬川が合流する地点で、夏の渇水期には泥岩層が河岸に露出する由。いまは滔々と雪解け水が流れるばかり。国道4号線、46号線を走り、道の駅雫石あねっこで休憩。田沢湖湖畔の御座ノ石神社にお参りし、15:10今宵の宿、休暇村乳頭温泉郷にチェックイン。    

|

« 夏油温泉・元湯夏油 | トップページ | フキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏油温泉・元湯夏油 | トップページ | フキ »