« 西国二十九番札所 松尾寺 (真言宗醍醐派) | トップページ | 西国十四番札所 三井寺 (天台寺門宗) »

西国観音霊場巡拝&近江八幡散歩

2013年6月25日(火) 6:10起床。6:45朝食、再び37階のニューヨークで近江大橋を眼下に眺めながら天空の食事。今日は和食中心とし、滋賀県産キヌヒカリのご飯に納豆をかけ、名物赤コンニャクのきんぴらや琵琶湖産Dsc00835子鮎の佃煮を菜にして食べる。8:10出発、まず西国十四番霊場三井寺へ。今日も車はフリード、ホテルの駐車場に駐めっぱなしなので、結局48時間借りっ放し。8:30三井寺駐車場(有料500円)着。受付で二人分の入山料1,000円を納め、釈迦堂、三井晩鐘、金堂(国宝)、閼伽井屋、弁慶の引摺り鐘と汁鍋、一切経蔵、唐院、微妙寺などを見学する。最後に高台に建つ観音堂へお参りし、納経所で御朱印を頂戴する。9:40車に戻り坂本へ。10:00大宮川観光駐車場(無料)着、日吉大社に詣でる。日吉大社は全国に3800余ある日吉・日枝・山王神社の総本宮、昔からお参りしたいと思っていた社である。東本宮の受付で入苑協賛料(1人300円)を納め境内に入る。日吉造り様式の東本宮(国宝)は檜皮葺き、朱塗りの縁高欄と金色の飾り金具とで華やかに荘厳されている。祭Dsc01016神は比叡山の山の神である大山咋神(おおやまくいのかみ)、一段下にある樹下宮(じゅげぐう)の祭神は鴨玉依姫神(かもたまよりひめのかみ)であり、ふたりはご夫婦とのこと。夫婦和合に御利益ありとされる雌梛と雄梛に触れ、多羅葉の巨樹などを眺めてから西本宮へ。途中にある神輿収蔵庫で、桃山時代から江戸時代にかけて作られた豪華な神輿7基(全て重要文化財)を見学する。西本宮(国宝)も東本宮同様華やか、祭神は大己貴神(おおなむちのかみ)、奈良から大津への遷都(天智六年(667))が行われた際に、奈良の三輪山から遷祀された大津京の守護神とのこと。宇佐宮、白山宮にもお参りし、神猿舎、神馬舎を見学、神仏習合の信仰を表す山王鳥居(合掌鳥居)をくぐり、大宮橋を渡って日吉大社を後にする。旧竹林院、律院の前を通り、疏水と石垣の街坂本の風情を味わいながら駐車場にDsc01079戻る。11:15宇治市にある西国十番霊場三室戸寺へ向け出発。12:10着、広い駐車場(有料500円)がほぼ満車状態なので何事かと思ったら、今は境内の1万株のアジサイの花盛り。入山料(1人500円)を納め山門をくぐって本堂へ。本堂前庭にも100種類以上あると云うハスが開花している。まさしく花の寺、絶妙のタイミングでお参りに来たものである。本堂の千手観音菩薩像にお参りし、納経所で御朱印を戴いてから、ゆっくり境内巡り。三重塔、十八神社、枯山水庭園、池泉庭園、紫陽花庭園など。紫陽花の盛りは過ぎているが、それでも杉林の斜面を埋める景色は素晴らしく、これなら駐車場料にも入山料にも納得できる。花の茶屋で一服し、白玉ぜんざいとひやしあめゼリーを食べる。茶屋の席取りすらままならぬほどの人出である。13:10駐車場に戻り、次は西国十一番霊場上醍醐寺へ。13:35醍醐寺駐Dsc01089車場(有料700円)着。ここの札所は西国観音霊場一の難所、山上にある上醍醐の准胝堂まで3㎞の山道を自分の足で歩かねばならぬ。1月の槇尾寺参詣で捻挫した足首が未だ本調子でない妻を下醍醐に残し、ひとりで行かねばと、受付で入山料(1人600円)を納める。ところが受付の人が言うには、山上の准胝堂は5年前(2008年8月24日)に落雷により焼失してしまい、今は(再建するまでの間)700m先の下醍醐寺大講堂(仮観音堂)で御朱印がもらえるとのこと、いやはや吃驚、拍子抜け。2時間近く時間が浮いたので、国宝の金堂と五重塔をゆっくり拝観してから観音堂にお参りし御朱印を戴く。そのあと、弁天堂、鐘楼、真如三昧耶堂、不動堂、清瀧堂など境内の諸伽藍を見学、14:30車に戻る。次は西国十二番霊場岩間寺、滋賀県と京都府の境にある標高445mの岩間山のDsc01154峰上に建つ。15:30信徒会館前の駐車場(無料)着。入山料(1人300円)を納め本堂へまっしぐら、千手観音像にお参りして御朱印を頂戴する。やれやれ、これではまるでスタンプラリー、やはり不易の徒歩巡礼でなければ有難味は薄い。まぁそれでも自分で車を運転したのだからと流行の車巡礼は言い訳を呟き自らを慰める。桂の大樹群を眺めてから岩間寺を後にし、近江八幡へ向かう。17:15近江八幡市立図書館の駐車場に車を入れる。もう17時を過ぎているのに関西は日暮れが遅く、いつまでも明るい。新町二丁目の近江商人の町並、豊臣秀次が開削した八幡堀、近江商人の守護神社の日牟禮(ひむれ)八幡宮、旧八幡東小学校の白雲館、ヴォーリズ記念館、メンソレータムの近江Dsc01124兄弟社学園などを巡り、18:30車に戻る。ホテル最寄りのガソリンスタンドでフリードに給油し満タンにする。この2日間で600㎞ほど走ったがガソリン消費量は35.75リットル、フィットほどではないにしろフリードの燃費はなかなか良い。19:40大津プリンスホテル帰着、フロントに車と鍵とを返却する。部屋に荷物を置いてからホテル隣のスーパーへ夕食の買い出しに行く。握り寿司、ビーフカツ、春雨スープ、カットフルーツを購入し部屋食、キリンのラガービールを飲む。梅雨の最中というのに、今回は天候に恵まれ、予定していた西国霊場6ヶ所の全てにお参りできたことで大満足、残るは10箇所。

|

« 西国二十九番札所 松尾寺 (真言宗醍醐派) | トップページ | 西国十四番札所 三井寺 (天台寺門宗) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西国二十九番札所 松尾寺 (真言宗醍醐派) | トップページ | 西国十四番札所 三井寺 (天台寺門宗) »