« 市川トマト | トップページ | 世界文化遺産「ベルン旧市街」 »

スイス浪漫紀行10日間~アルプス5大名峰と2つの絶景列車~

2013年7月2日(火) 16:00 南柏駅まで家人にフィットで送ってもらう。我孫子、成田で乗り換え、18:15成田空港第2ビル到着。両替商のグリーンポートエージェンシーで2万円をスイスフラン(SFr)に両替えする。今日のレートは1SFrが109.90円、手元に180SFrと218円が戻る。阪急交通社の受付カウンターで添乗Dsc01206員のY氏からeチケットを受けとり、エミレーツ航空のカウンターに個人チェックイン、スーツケース(SC)を預けて身軽になる。冬物から夏物までの衣類をひと通り詰め込んだSCの重量は23.2㎏、エミレーツ航空のエコノミークラスの無料手荷物許容量は30㎏なのでセーフ。機内持ち込みのリュックサックの重量も計られ4.5㎏、こちらは7㎏までOKとのこと。出発2時間半前というのにチェックインカウンターは長蛇の列、怪しげなバックパッカーが多い。出国審査を済ませ、いつものように三井住友海上火災の自販機で海外旅行保険に加入する(D10タイプ、5,000円)。93番ゲートからEK0319便ドバイ行きに搭乗、48D席は通路側、隣席は空席。機種Dsc01219はB777-300型、空席がかなり目立つ。7割位の搭乗率か。21:35離陸、ドバイまで10時間の旅が始まる。南回りでヨーロッパに行くのは始めてであるが、エミレーツ航空は何かとサービスが良い。まず、おしぼり、次いで歯ブラシ・靴下・アイマスクセットのサービス。個人端末のエンターテインメントも充実しており、邦画が18本、洋画は49本も観られる。22:30一回目の食事、シーフード(小エビとイカのクリームソース煮)を選び、缶ビールをもらう。ビールはAMSTELとHEINEKENの2種、前者を選ぶ。池内紀著「ウィーンの世紀末」を読むが余り捗らず、音楽を聴きながらうとうとする。5:50二回目の食事、クロワッサンとフルーツのみ食べる。機内は冷やし過ぎ、毛布2枚を掛けても尚寒い。出発前からやや風邪気味だったが、本格的に風を引きそう、鼻水がたらたら流れる。7:30(現地7月3日2:30)ドバイ空港に安着、世界時計をドバイ(DXB)時間に合わせる。現在の外気温30℃、日中は45℃もあったらしい。

|

« 市川トマト | トップページ | 世界文化遺産「ベルン旧市街」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 市川トマト | トップページ | 世界文化遺産「ベルン旧市街」 »