« 初サンマ | トップページ | 菜園の恵み(93) イエローミニ »

千葉菌類談話会第68回観察会(千葉市泉自然公園)

2013年9月14日(土) 8:30出発。国道16号線の事故渋滞に巻き込まれて大幅に遅刻し、11:10漸く泉自然公園駐車場に到着。管理棟内の講堂(鑑定会場)で受け付けを済ませると腕章番号はNo.68、今日の参加者は70名くらいか。皆の後を追い早速園内のきのDsc03313こ観察にかかる。出足が悪いのでお花見広場を中心に周辺を回る。土は乾いていたが、テングタケ科やハラタケ科の菌の発生が多い。途中ベンチで一服し昼食用のパンをかじる。今日は非常に蒸し暑くやぶ蚊がうるさい。オオスズメバチも飛んでいる。13:00が過ぎて皆が続々と講堂に集まり、採取物をテーブルの上に並べると、千葉県立中央博物館の吹春先生が次々に和名や属名をつけていく。13:30~14:50解説と勉強会、今日は吹春先生の他に硬質菌専門の先生もきており、チリメンタケとオオチリメンタケの見分け方などを教わる。15:00散会、国道16号線の渋滞を避けるべく、佐倉、印西経由で帰る。17:15帰宅。
《観察種》( )内は私見
1.アカヒダカラカサタケ、2.アケボノオシロイタケ、3.アセタケ属、4.アメリカウラベニイロガワリの仲間、5.アヤメイグチ?、6.アラゲキクラゲ、7.アンズタケ属、8.イロDsc03320ガワリ、9.ウスキテングタケ、10.ウスキモリノカサ、11.ウチワタケ、12.ウラグロニガイグチ、13.ウラベニガサ、14.オオチリメンタケ、15.オニイグチ属、16.オニタケ、17.カサヒダタケ、18.カバイロツルタケ、19.カワラタケ、20.キアシグロタケ、21.キッコウアワタケ、22.キツネガサ(アカキツネガサ)、23.キツネノカラカサ属、24.クリイロイグチ、25.クリゲノチャヒラタケ、26.クロハツモドキ、27.クロヒメオニタケ、28.コガネキヌカラカサタケ、29.コショウイグチ、30.コタマゴテングタケ、31.コテングタケモドキ、32.コフキサルノコシカケ、33.サクラタケ、34.ザラツキキトマヤタケ?、35.シロオニタケ、36.シロタマゴテングタケ、37.シロツルタケ、38.シロハカワラタケ、39.シロハツ(アイバシロハツ)、40.スミゾメヤマイグチ、41.スルメタケ、42.ダイダイDsc03311_2ガサ、43.タマゴテングタケモドキ、44.チチタケ属(アイバカラハツモドキ(青木氏仮称))、45.チャカイガラタケ、46.チャツムタケ属、47.ツクツクホウシタケ、48.ツチグリ、49.ツブカラカサタケ、50.ツヤウチワタケ、51.ツルタケ、52.テングタケ、53.テングタケダマシ、54.テングツルタケ、55.ドクツルタケ、56.ナラタケモドキ、57.ニオイコベニタケ(?)、58.ニガイグチ属(チャニガイグチ)、59.ヌメリカラカサタケ属、60.ノウタケ、61.ハイイロイタチタケ、62.ハナオチバタケ、63.ハラタケ属、64.ヒメキシメジ、65.ビロードツエタケ、66.ヒロヒダタケモドキ?、67.ベニヒダタケ、68.ホコリタケ属、69.ボタンイボタケ、70.マンネンタケ、71.ミドリニガイグチ、72.ミヤマザラミノヒトヨタケ、73.ムラサキシメジ属、74.ヤグラタケ、75.ロウタケの仲間、76.(ワタカラカサタケ)

|

« 初サンマ | トップページ | 菜園の恵み(93) イエローミニ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初サンマ | トップページ | 菜園の恵み(93) イエローミニ »