« 菜園の恵み(93) イエローミニ | トップページ | 南京豆試し掘り »

きのこ絵(ヤマドリタケ)

Img0522013年9月16日(月) アルプスの画家として知られるジョヴァンニ・セガンティーニ(1858-1899)が描いた油彩画《きのこ》は、このような静物画でダイニング・ルームを飾ることを好んだミラノの上流階級市民向けに製作された厨房画のひとつである。1886年の作で大きさは56㎝×87㎝、タイトルは《Mushrooms》とあるが種類はヤマドリタケであろう。イタリア語ではポルチーニ(Porcini)、フランス語ではセップ(Cepe)、ドイツ語ではシュタインピルツ(Steinpilz)と呼ばれ、ヨーロッパでは珍重される。因みに、現在、ヨーロッパ各国の市場に出回るヤマドリタケの90%はポーランド産とか、ポーランドには未だ行ったことがないので、来年にでも訪問し、本場のヤマドリタケを味わってみようと思う。

|

« 菜園の恵み(93) イエローミニ | トップページ | 南京豆試し掘り »

コメント

いつもブログを楽しみに読んでいます。
ありがとう御座います。

本場のヤマドリタケを味わって来る計画なんて素晴しいです、是非、感想をお聞かせ下さいね。

昨日、仙台キノコ同好会の展示会の打ち合わせがあり、それぞれきのこを持ち寄り鑑定され、食が59種類、不明菌が半数あると言っていました。台風の雨で早めに鑑定を切り上げました。展示会は9月28日~29日です。
来仙した時にはお立ち寄り下さい。

投稿: かぐや姫 | 2013年9月16日 (月) 17:15

かぐや姫様
いつもご訪問ありがとうございます。以前、ドイツの市場でシュタインピルツ(石茸)を見かけたことがありますが、色は灰白色、文字通りかちんこちんに堅いきのこでした。ヤマドリタケにも何種類かあるようです。仙台キノコ同好会の展示会、帰省できないかもしれませんが、ご盛況をお祈りします。

投稿: shikamasonjin | 2013年9月16日 (月) 18:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菜園の恵み(93) イエローミニ | トップページ | 南京豆試し掘り »