« 男鹿半島巡り | トップページ | キンタケの炊き込みご飯 »

キンタケとアミッコ

Dsc050312013年11月1日(金) 秋田県潟上市にある道の駅てんのう(天王)の「食彩館くらら」でキンタケ(シモコシ)とアミッコ(アミタケ)が売られているのを発見、大喜びで購入する。キンタケは佐々木美江さんの出品で100グラム600円、アミタケは後藤麗子さんの出品で100グラム500円也。産地は前者が秋田県、後者が潟上市とあるが、お二人とも地元のきのこ採り名人、恐らくどちらも潟上市の夕日の松原あたりで採取したものであろう。下手するとアメリカやカナダ産マツタケよりも上の値段であるが、自分で採る場合の手間や労苦を考えれば安いもの、久しぶりに松原きのこの秀品2品を味わうことができる。他にも、「山しめじ」と称し、サクラシメジが100グラム350円で、スミゾメシメジも同350円で並んでいる。この辺りまで離れればセシウム汚染の心配もなし、旬の天然きのこが安心して味わえる。地元の人が羨ましい。

|

« 男鹿半島巡り | トップページ | キンタケの炊き込みご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男鹿半島巡り | トップページ | キンタケの炊き込みご飯 »