« 柚子 | トップページ | 菜園の恵み(102) ヤマノイモ »

定点観察・増尾城址公園(柏市)

Dsc06876 2013年12月22日(日) 午前、隣の敷地にはみ出している庭木の枝を剪定しすっきり。午後、増尾城址公園へエノキタケ採りに行く。結果は空振り、3日間あれほど雨が降った後なのに。僅かに1箇所の切株、4本では汁の実にも足りない。他にはアラゲキクラゲ、カワラタケ、キヒラタケ、スエヒロタケを認めたのみ、地上生のきのこは見当たらず。

|

« 柚子 | トップページ | 菜園の恵み(102) ヤマノイモ »

コメント

きのこのブログいつもありがとう御座います。

13日に榴ヶ岡公園にきのこ観察に行ってきました。
エノキタケの出る切り株は無くなりガッカリ。(・_;)
周りを見たら立木の祠に豆粒ほどの幼菌が出ていました。ヽ(^。^)ノ
今年はシモコシが豊作のようで8回行き953本採集しました。猛毒になっていますが食べています。(自己責任)
これから寒い日が続き、きのこも少なくなり寂しいですね。きのこの情報楽しみにしています。

投稿: かぐや姫 | 2013年12月22日 (日) 20:06

かぐや姫さんへ
いつもご訪問ありがとうございます。優秀食菌のキンタケの収穫が953本とは夢のような話で羨ましい限りです。小学生の頃から蒲生や深沼海岸の松林に通い、毎年食べて来た実績があるきのこだけに、最近の図鑑の有毒の扱いは納得できかねますが、スギヒラタケの例もあり、万が一に配慮しての(図鑑発行者の自己保身?)表記なのでしょう。私も10月に秋田県産のシモコシを賞味しました。

投稿: shikamasonjin | 2013年12月22日 (日) 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柚子 | トップページ | 菜園の恵み(102) ヤマノイモ »