« 干しいも「紅はるか」 | トップページ | サクラエビ »

ハタケシメジ栽培開始

Dsc06902 2013年12月25日(水) 午後から鋸を持って増尾城址公園へ出撃。集草所に積み上げてある落葉樹の伐木(サクラなど3、4種類)を玉切りし、ハタケシメジ栽培用の原木を調達する。ヤマノイモ跡地を耕し、発酵鶏糞と米ぬかと石灰を施肥してから、畝の中央を深堀し再度米糠を施肥、しかる後原木を直線状に埋設する。天然のハタケシメジは埋もれ木から発生するとされているが、増尾城址公園でも2ケ所のシロは土止めの杭の根際であり、同じような環境を整える。あとはシロの土を掘り取ってきて原木の周りに撒いたり、春先に発生するハタケシメジの成菌を植え替えるつもり。文字通り「畑でシメジの栽培」であるが、うまくいっても発生は再来年の春か秋であろう。借りている畑でこんなことをやっているのを見つかったら地主さんからお叱りを受けるかもしれないが、同じ畝で矩形自然薯を継続栽培しカモフラージュするつもり、はてさてどうなりますか。

|

« 干しいも「紅はるか」 | トップページ | サクラエビ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 干しいも「紅はるか」 | トップページ | サクラエビ »