« ユウナ(右納) | トップページ | CORTE GIARA VALPOLICELLA 2011 »

新・一番搾り

Dsc07938 2014年2月16日(日) 何がどう新しいのか、ラベルの説明文(「そして今、さらに磨きをかけ、麦100%のうまみと、ホップの香りを、より実感できる新・一番搾り製法へ」)を読んでも分からないキリンの新・一番搾り、飲めば分かるかと、とりあえず試飲してみることに。うーん、やっぱり分からない。分からないけれども旧?と同じくすっきりして美味しい。二番搾り麦汁も使えば10本は作れるビールが、一番搾り麦汁だけでは8本位しかできない筈、元々がプレミアムビール。世界にビール銘柄数多し(10,000銘柄超?)と言えど、こんな贅沢な製法を採用しているブランドはおそらく一番搾りのみ、もっと自信を持ってよい。レギュラービールと同価格で買えるので これを飲まない手はなく、あえて「新」は要らないのでは。

|

« ユウナ(右納) | トップページ | CORTE GIARA VALPOLICELLA 2011 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユウナ(右納) | トップページ | CORTE GIARA VALPOLICELLA 2011 »