« 充実のイギリス8日間 | トップページ | 湖水地方観光(ウィンダミア湖クルーズ) »

CROWNE PLAZA AIRPORT

2014年4月11日(金) 21:50スーペリアクラス(四つ星?)のホDsc08600テル、クラウン・プラザ・エアポート着、22:30ようやく167号室に入る。37名もいると何かと時間がかかる。メンバーは年寄りが多く皆ぐったり、やれやれ。シングルベッド2台のコンパクトツイン、イギリスのホテルは電気ポットとコーヒー・紅茶が常備してあるのが嬉しい。ミネラルウォ-ターもガス入りとガスなしが1本づつサービス。他にはテレビ(LG製)、空の冷蔵庫、セーフティボックス、アイロン、ズボンプレッサー、ティッシュボックス、固形石鹸、シャンプー、リンス、ボディソープなど。浴槽もある。但し、ドライヤー、歯磨きセット、スリッパはない。因みにお茶セットの内訳は、ティーカップ2客、スプーン2本、The Kenco Coffee Dsc08744CampanyのインスタントコーヒーSmoothが4袋、同Decaffが2袋、TWININGS社のティーバッグThe EVERYDAY Teaが4袋、Galaxy社のInstant Hot Chocolateが1袋、SILVER SPOON社の白砂糖が3袋、茶褐色糖が2袋、Sweet'n Low(デキストロース・モルトデキストリン・アセスルファムカリウム・アスパルテーム)が2袋。機内でもらったお握りとパンを食べ味噌汁と紅茶を飲む。熱いお湯がたっぷり出る風呂に入ってさっぱりすると0:24、さあ寝なければ。イギリスのホテルは、エアコン、照明スイッチ、コンセント、電気ポットなどに癖があり、使いこなすにはちょっとしたコツがいる。ここは頭が良くないと来(き)られない。また、空港に近いホテルのせいか、朝食は4:30から食べられる由、その点は感心する。

|

« 充実のイギリス8日間 | トップページ | 湖水地方観光(ウィンダミア湖クルーズ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 充実のイギリス8日間 | トップページ | 湖水地方観光(ウィンダミア湖クルーズ) »