« ウメハルシメジ発見 | トップページ | フィット ラストラン »

千葉菌類談話会通信30号

Img0772014年4月20日(日) イギリス旅行から帰宅したら、どっさり溜まっていた郵便物の中に千葉菌類談話会の会報第30号が入っていました。表紙が何とも刺激的、黒地にきのこ絵です。アマチュアきのこ同好会の会報としては群を抜く洒脱さ、会員の片山周子さんの力作です。ひと通り早速目を通しました。山本充弘さんの「梅の木の下のドラマ」、拙宅でも私が採ってきたきのこは家族に信用してもらえず、まず当日私が食べ、何ともなければ翌日娘が食べ、娘が何ともなければ翌々日妻が食べます。失礼ながら思わず笑ってしまいました。古川久彦博士の「毒きのこ以外のきのこ中毒による中毒疾患」、「屋久島のきのこ調査」、「驚くべき風習が残っていたタイ国の奥地メサレン」の記事は、大変興味深く読ませていただきました。毎号楽しみにしていた今野英山さんの「きのこ歳時記」は今回が最終回とのこと、まことに残念です。「夕市に積まれたる厚き平茸をパリジェンヌ購ひて足早に去る」、パリのマルシェが生き生きと目に浮かびます。吹春先生の「きのこ・かび関連図書の紹介」を読み、奥沢康正著「冬虫夏草の文化誌」を千葉県立図書館ホームページで検索したところ、中央図書館にありますが、持ち出し禁止 となっています。柏市立図書館にはないので、さてどうしたものか。今号にも小生の駄文を掲載していただきありがとうございました。

|

« ウメハルシメジ発見 | トップページ | フィット ラストラン »

コメント

「きのこ歳時記」を読んでいただきありがとうございます。同じ柏市民ですが、今月から仕事の関係で沖縄に移転します。今後の記事も楽しみにしています。

投稿: 今野英山 | 2014年6月 1日 (日) 10:06

今野様
ご訪問ありがとうございます。千葉菌の観察会等でお目にかかる機会もないまま、今野様が同じ柏市民とはつゆ知らず、大変失礼いたしました。沖縄でのお仕事の御成功を祈念申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: shikamasonjin | 2014年6月 1日 (日) 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウメハルシメジ発見 | トップページ | フィット ラストラン »