« サツマイモ苗植え付け | トップページ | ビックリグミ »

武蔵国一宮 氷川神社(さいたま市)

Dsc000282014年5月28日(水) さいたま市大宮区高鼻町1-407番地に鎮座し、祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)、稲田姫命(いなだひめのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)の三柱。創建は第五代孝昭天皇三年(紀元前473年)と伝わる。
大宮に住む娘夫婦に新玉ねぎとソラマメを届けるため10:15出発。外環道に沿う下道を走る。最初に社宅に寄り野菜を届けてから氷川神社へ。12:40二の鳥居近くの参拝者用無料駐車場着。鳥居をくぐると、右手に神楽殿と絵馬堂、左手に松尾神社が建つ。昔の商売柄、まず松尾神社に懇ろにお参りする。神橋を渡ると朱塗りの楼門が現れ、楼門をくぐると舞殿、そのDsc00030_2後ろに拝殿、本殿が直列に並ぶ。正月三が日の初詣で客が例年200万人を越えるという大社、平日にもかかわらず今日の参拝客も多く、社殿が皆立派な訳が分かる。お参りを済ませてから初穂料1,000円を納め土鈴の「迦陵頻」を求める。それから幅広の参道を一の鳥居まで往復。大ケヤキを中心にした並木道はさいたま新都心駅近くまで2㎞も続くらしい。13:50車に戻る。帰りは妻がハスラーを初運転し、15:15無事帰宅。

|

« サツマイモ苗植え付け | トップページ | ビックリグミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サツマイモ苗植え付け | トップページ | ビックリグミ »