« 映画「哀愁」 | トップページ | ハタケシメジ栽培(続報その1) »

きのこ図鑑「兵庫のキノコ」

2014年7月31日(木) 最近アマゾンで購入したきのこ図鑑。送料無料で税込2,160円也。2001年1月発足の兵庫きのこ研究会の編著。兵庫県内で出会える約700種類のきのこの中からImg088代表的な245種を選び掲載している。巻末(174頁~185頁)に「図鑑にあまり載っていないキノコ」と称して下記16種が紹介されており、その部分に目通ししたくて購入したもの。即ち、①コガネハナガサ、②ハイチャヒダサカズキタケ、③キアシベニヒダタケ、④ワカクサウラベニタケ、⑤ヨソオイツルタケ、⑥コトヒラシロテングタケ、⑦オオオニテングタケ、⑧スオウシロオニタケ、⑨アシボソニガイグチ、⑩ヒイロウラベニイロガワリ、⑪ウラベニヤマイグチ、⑫アカダマキヌガサタケ、⑬シロクモノコタケ、⑭チチショウロ、⑮クモノスアカゲヒナチャワン、⑯シロキツネノサカズキモドキ。
⑥のコトヒラシロテングタケは柏市内の公園でも出逢えるが、他のきのこはこれまでフィールドで見たことがない。ネットで調べると、⑮は千葉県内でも確認されているが、そして①、②、③、⑦、⑧は富士山を含む静岡県で確認されているが、他(④、⑤、⑨、⑩、⑪、⑫、⑬、⑭、⑯)は、多分関西以西の専売特許、出張観察でもしない限り出逢う事はないであろう。本書は図鑑と云いながら、きのこ料理レシピが充実しており、中でも会員のリストランテ・ベリーニ(芦屋市月若町2-17、℡:0797-32-1777)のシェフ小野和彦氏の創作料理が素晴らしい。「ヤマドリタケモドキと平目のアクアパッツア」、「ハナイグチと焼きナスのカッペリーネ」、・・・、こんな料理に仕立ててもらえばきのこもさぞかし本望であろう。

|

« 映画「哀愁」 | トップページ | ハタケシメジ栽培(続報その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「哀愁」 | トップページ | ハタケシメジ栽培(続報その1) »