« シャッツアルプ(Schatzalp) | トップページ | シャッツアルプで出逢ったきのこ(2/4) フウセンタケ科 »

シャッツアルプで出逢ったきのこ(1/4) イグチの仲間

2014年8月8日(金) シャッツアルプ(Schatzalp:標高1860m)はダヴォスの北面に連なる2500m級の山々の中腹にある展望台、今が発生の最盛期らしく、山道の傍らに色々なきのこが見られる。イグチの仲間は5種、内訳は4種がヌメリイグチ属、1種がヤマドリタケ属(イロガワリの仲間)。ここにはヌメリイグチ属の2種を掲載。種名はあくまでも「スイス菌類図鑑」とGoogle画像検索との絵合せによる同定、間違っているかもしれません。
1.ヌメリイグチ属 Suillus sibricus:写真上
2.ヌメリイグチ属 Suillus viscidus:同下
Dsc02153Dsc02155Dsc02169Dsc02170

|

« シャッツアルプ(Schatzalp) | トップページ | シャッツアルプで出逢ったきのこ(2/4) フウセンタケ科 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャッツアルプ(Schatzalp) | トップページ | シャッツアルプで出逢ったきのこ(2/4) フウセンタケ科 »