« ロートホルンからスネガへハイキング | トップページ | ロートホルンで出逢った花(2/5) »

ロートホルンで出逢った花(1/5)

ロートホルン(標高3103m)からスネガ(標高2288m)へ下る道筋は高山植物の宝庫、ガレ場や牧草地に実に様々な種類の花がびっしり咲いており、その密度は国内有数の大雪山や礼文島より濃いかもしれません。天気が良すぎて花の写真を撮るにはコンディションがいまいちでしたが、比較的良く撮れているものを幾つか紹介します。種の同定(絵合せ)には、小島潔著「アルプスの花を訪ねて」(朝日新聞社)、同「スイスアルプスの花を訪ねて」(山と渓谷社)と、Google画像検索を参考にしました。

1.エリトリキウム・ナヌム(Eritrichium nanum):ムラサキ科
2.ゲンティアナ・オルビクラリス(Gentiana orbicularis):リンドウ科
3.サクシフラガ・オポジティフォリア(Saxifraga oppositifolia):ユキノシタ科
4.シレネ・エクスカパ(Silene exscapa):ナデシコ科
(写真は、上段左が1、同右が2、下段左が3、同右が4)
Dsc01471Dsc01482Dsc01483Silene_exscapa_dsc01488











|

« ロートホルンからスネガへハイキング | トップページ | ロートホルンで出逢った花(2/5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロートホルンからスネガへハイキング | トップページ | ロートホルンで出逢った花(2/5) »