« 菜園の恵み(114) 種キュウリ | トップページ | 定点観察・根木内歴史公園(松戸市) »

深煎りの秋

Cimg04882014年8月26日(火) アサヒ社から新発売の第三のビール・深煎りの秋、以前はたしか「秋宵」という名前で売られていたと思うが・・。調べてみると、アルコール分6%と原材料(発泡酒(麦芽・ホップ・大麦・コーン・スターチ)・スピリッツ(大麦))は全く同じ、違いは新製品に一部深煎り麦芽を使用している点で、若干風味を焼き直し?した商品の様である。濃醇でやや酸味が感じられる以外は特徴に乏しく、評価は☆☆。それでも、酒税法上の分類がリキュール(発泡性)①ということで350ミリリットル缶の税込価格は僅か143円、キリン社のシーズンビール秋味(同221円)と比べ、価格差ほど味わいに差がある訳でもなく、コンビニの同じ棚に並んでいたら消費者がどちらに手を伸ばすかは歴然。

|

« 菜園の恵み(114) 種キュウリ | トップページ | 定点観察・根木内歴史公園(松戸市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菜園の恵み(114) 種キュウリ | トップページ | 定点観察・根木内歴史公園(松戸市) »