« ファドゥーツ散歩 | トップページ | マイエンフェルトで出逢ったきのこ(1/2) イグチの仲間 »

マイエンフェルト散策

2014年8月7日(木) 14:00ホテル・ハイジの館(Heidihof)前の駐車場(標高600m)到着。大型バスが3台先着しており駐車場は略満車、人気の観光地であることが分かる。路肩に駐めるDsc02016車も多く、ただでさえ狭い道が非常に窮屈、大型バスは身動きがとれない。そこから細い山道を辿りハイジハウス(Heidihaus:博物館)やハイジショップ(Heidi Shop:土産物店)、村役場(Rathaus)がある集落まで10分ほど歩く。その集落こそヨハンナ・シュピリの名著「ハイジ」に出てくる「デルフリ村」のモデルとなったオーバーローフェルス村、山麓の牧草地の中に10軒ばかりの農家が建つ。14:40までフリータイムになったので、まずメインストリート?を端から端まで歩き、更にハイジハウスの横からハイジヒュッテ(Heidihuette)に通じる山道を上ってみる。きのこはなかったが、村の佇まいを一望に見下ろすことが出来る。その上部のハイジアルプ(標高1100m)一帯が「アルプスの少女ハイジ」Dsc02013の原風景が広がる場所、時間があればヒュッテまで登るのだが・・。フリータイムの後、牧草地と森を抜けてハイジの泉(Heidibrunnen)までミニハイキング。庭先に植わるリンゴ、洋梨、マルメロ、クルミなどの果樹は、小さいながらもたわわに実を着けている。草地にも森の中にも次々にきのこが出現し写真撮影に大忙し、徐々に皆に遅れ出しとうとういつもの最後尾。イロガワリの仲間、コフキサルノコシカケ、スエヒロタケ、ツエタケの仲間、ハラタケの類、ホコリタケの仲間など。途中、ブドウ畑の方へ迷ったりしたが、15:35なんとかハイジの泉に出る。記念写真を撮ってからバスに乗り、次はレーティッシュ鉄道アルブラ線に乗るためトゥージス(Thusis)へ。

|

« ファドゥーツ散歩 | トップページ | マイエンフェルトで出逢ったきのこ(1/2) イグチの仲間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファドゥーツ散歩 | トップページ | マイエンフェルトで出逢ったきのこ(1/2) イグチの仲間 »