« ラントヴァッサー橋(Landwasser-viadukt) | トップページ | シャッツアルプ(Schatzalp) »

シュタイゲンベルガー・ベルヴェデーレ

2014年8月7日(木) 19:00グランドホテル・シュタイゲンベルガー・ベルヴェデーレ(Steigenberger Belvedere)に到着、五つ星ホテルで今回の旅の中では最高級。割り当ての241号室に入る。広い!。クローDsc02085ゼットが2箇所ありハンガーも高級、脚の高いシングルベッドが2台、ソファーに椅子2脚、書物机、壁掛けテレビ(フィリップス製)、セーフティーボックス、ドライヤー、ティッシュボックス、そして何よりも冷蔵庫(ミニバー)があるのが有難い。浴室にも浴槽、シャンプー&コンディショナー、ボディローション完備、電気ポットの貸し出しもあるとのこと、アメニティーは充実している。ここに連泊は嬉しい。ガイドブックによるとツインルームの料金はCHF240~270(27,600~31,000円)、ダボス会議に出席するVIPが宿泊するホテルにしては良心的価格だが・・。テレビのチャンネル数Dsc02094は42もあり、CNNは26ch、BBCは27chで入るが、NHKが入らない。1990年前後に何回か欧州に出張で来た当時は、高級ホテルならどこでもNHKが視聴できたものだが・・、こんなところからも日本の国力の衰退がみてとれる。昼のリヒテンシュタインでも、案内看板はドイツ語と中国語の併記ばかり、日本語併記のものは見当たらない。中国人が大手を振って我が物顔に街中を闊歩する。今やお金をたっぷり落としていく観光客は中国人、日本人はお呼びでない。持参の電気ポットで水道水を沸し、カップ麺(醤油ラーメンなっしー)、味噌汁、ヘーゼルナッツシュトーレン(Haselnussstrollen)、ぶどうを食べコーヒーを飲む。風呂から上がると23:10、ピスタチオナッツをおつまみにしてBUENDNERBIER Specialを飲む。(続く)

|

« ラントヴァッサー橋(Landwasser-viadukt) | トップページ | シャッツアルプ(Schatzalp) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラントヴァッサー橋(Landwasser-viadukt) | トップページ | シャッツアルプ(Schatzalp) »