« HOTEL ELITE | トップページ | ロートホルンからスネガへハイキング »

マッターホルン/スネガ展望台

2014年8月4日(月) 6:00起床。ベランダから谷の奥に雪山が見える。6:30から朝食。パンとハムとヨーグルトにコーヒーがあるだけ、コンチネンタル・ブDsc01401レックファーストということか、食べるものがない。但し、ご飯と味噌汁があるのが救い。登山靴を履き、お茶と食料を入れたリュックサックを背負って出発、テーシュ発8:20のシャトル電車に乗り8:33ツェルマット(標高1620m)到着。ケーブルカー乗り場へ向かう途中、早くもマッターホルンが鋭く天を突く姿が拝め、歓声が上がる。9:00発の地下トンネル式ケーブルカーに乗ること5分、労せずして標高2288mのスネガ展望台に上る。昨年も天気と展望に恵まれたが今日も絶景、二度来て二度とも好晴に当たるとは誠に運が良い。家人も大喜び。ティータイムまで1時間の自由時間は、シャトル(Leisee Shuttle)でライ湖に下りて湖面に映る逆さDsc01412マッターホルンを堪能する。湖の周囲はお花畑、アザミ、イブキジャコウソウ、イワギキョウ、タカネマンテマ、マツムシソウ、ミヤマキンポウゲの各仲間と思しき高山植物が咲いている。10:10からBuffet Bar Sunneggaのテラス席に座りティータイム、コーヒーまたは紅茶が1杯付き、美味しくいただきながらマッターホルンの雄姿を心に焼き付ける。10:30解散、以降は自由時間、オプションの「クラインマッターホルンとマッターホルンミュージアム(昼食付)」及び「スイス名物2種のフォンデュディナーとスイスワイン飲み放題(夕食付)」に参加する人もいれば、独自でゴルナーグラートへ上がる人、ツェルマットの街歩きをする人など様々、我々はスネガの上のロートホルン展望台(標高3103m)へ上がり、そこからスネガまで下りコースのハイキング。

|

« HOTEL ELITE | トップページ | ロートホルンからスネガへハイキング »

コメント

確かによい天気でしたね。マッターホルンを見るのは初めてでしたのでとても感動しました。もう少し風が無ければ、逆さマッターホルンもきれいに見えたと思いますが、まあそれは贅沢というものかもしれません。

投稿: ODAWARA-S | 2014年8月24日 (日) 21:19

ODAWARA-S様へ
ご訪問ありがとうございます。前日のホワイトアウトのモンブランを補って余りある、マッターホルン快晴の一日でした。S様ご夫妻はじめメンバーにも恵まれ、終始楽しい旅でした。感謝しております。

投稿: shikamasonjin | 2014年8月25日 (月) 08:51

2度とも快晴で良かったですね。
青空がきれいです。
この時期のお花は日本にもあるのが多いのですね。

投稿: tona | 2014年8月25日 (月) 13:06

tonaさんへ
ご訪問ありがとうございます。高山植物の花の写真を続報で掲載する予定です。よろしくご笑覧ください。

投稿: shikamasonjin | 2014年8月25日 (月) 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HOTEL ELITE | トップページ | ロートホルンからスネガへハイキング »