« エーデルワイス | トップページ | フラワートレイルの花(1/2) »

ブルーメンタール(花の谷)ハイキング

2014年8月6日(水) 10:25アルメントフーベル展望台(標高1907m)で解散、以降自由行動になる。オプショDsc01797ンのユングフラウヨッホ・スフィンクス展望台観光(昼食付)の参加者は14名。メンバーと別れてブルーメンタール(Blumental:花の谷)へ下る途中、まずフラワートレイルに植栽されている花を観察。キンポウゲ科のプルサティラ・アルピナ(オキナグサの仲間、チングルマのお化け!)、ナデシコ科のディアントゥス・カルトゥシアノルム、マツムシソウ科のスカビオサ・ルキダ、ルリカンザシ科のグロブラリア・プンクタタ、キキョウ科のカンパヌラ・コキレアリイフォリア(チャボギキョウ)、キク科のアキレア・ミレフォリウム(セイヨウノコギリソウ)、ベンケイソウ科のセンペルビDsc01807ブム・アラクノイデウム、キク科のレオントポディウム・アルピヌム(エーデルワイス ロートホルン)、同(エーデルワイス ステラ・ババリカ)、キキョウ科のフィテウマ・オルビクラレ(タマシャジン)、サクラソウ科のプリムラ・アウリクラ(アツバサクラソウ)、キク科のセネキオ・アブロタニフォリウス(キオンの仲間)、リンドウ科のゲンティアナ・デクムベンなど。フラワートレイルと別れ、牧草地の小道をブルーメンタールめがけて下る。馬が放牧されている。辺り一面花、花、花、文字通りの花の谷には、キキョウ科のカンパヌラ・バルバタ、キク科のセネキオ・ドロニクム、キク科のレウカンテモプシス・アルピナDsc01818_2(マーガレットの仲間)、キク科のソリダゴ・ビルガウレア(ミヤマアキノキリンソウの仲間)、リンドウ科のゲンティアナ・プルプレア、キキョウ科のフィテウマ・ベトニキフォリウム、キンポウゲ科のラヌンクルス・アクリス、ナデシコ科のシレネ・ブルガリス、フウロソウ科のゲラニウム・シルバティクム(ハクサンフウロの仲間)、アカバナ科のエピロビウム・アングスティフォリウム(ヤナギラン)、タデ科のポリゴヌム・ビストルタ(イブキトラノオ)などが咲き乱れる。放牧する家畜を制御するための電気柵が張り巡らされており、「VORSICHT ELEKTROZAUN」(電気柵注意)の看板がDsc01861_2掛けてある。うっかり触るとぴりぴりするので、心臓の弱い人は注意が要る。昨年7月と較べると、紫色の花がぐっと多くなり、アルプスの山は早や秋の気配。谷に下りてホテルや農家がまばらに建つメインストリート?の林道を緩やかに下っていくと、ミューレン分岐点(標高1800m)に出る。時刻は11:30、道標に従い右折すると、道は針葉樹林帯に入り渓流を渡る。その辺りから丈の高い草花、キク科のケンタウレア・モンタナ(ヤグルマギクの仲間)、セリ科のヘラクレウム・スフォンディリウム(ハナウド)、キク科のアデノスティレス・レウコフィラが多くなり、ヤマドリタケかヤマドリタケモドキと思しき巨大なDsc01871イグチ2本、ベニタケ属、チチタケ属などのきのこも現れる。12:05眼下にミューレンの家並が現れた所で林道を横切りパノラマ道(Panoramaweg)に入る。谷向こうに聳え立つアイガーとメンヒを常時眺めながら山腹を巻いて行く道は花ときのこが豊富であり写真係は大忙し、ユキノシタ科のパルナシア・パルストゥリス(ウメバチソウの仲間)、シソ科のプルネラ・グランディフロラ(ウツボグサの仲間)、オオバコ科のプランタゴ・メディア、アンズタケの仲間、アカハツの仲間、ベニテングタケ、ガンタケ、コカブイヌシメジの仲間?、キカラハツタケなどを見る。13:00ミューレン駅(標高1650m)に到着、通常1時間半コースのところゆっくり降りてきたので2時間半かかる。

|

« エーデルワイス | トップページ | フラワートレイルの花(1/2) »

コメント

素晴らしいハイキングコースですね。花の種類の多さに驚きました。大きなキノコの写真にもびっくりです。

投稿: ODAWARA-S | 2014年9月 7日 (日) 23:31

ODAWARA-Sさんへ
いつもご訪問ありがとうございます。Sさんご夫妻も同じコースをハイキングされたように伺いましたが・・?。私は昨年7月にも同じコースを歩いていますが、今回は天候に恵まれた上、きのこにも出逢えたことで、何倍も楽しめました。

投稿: shikamasonjin | 2014年9月 8日 (月) 18:53

失礼しました。馬には出会わなかったので、別のコースかと思いました。別の場所ですが、あの電気柵に触ってみました。笹の葉の縁をあてられたようなチリチリとした感じでした。体毛のある動物に効くのかと思いましたが、人間の感じ方とは違うのかもしれません。
ブログを家内と楽しみながら見せて頂いております。キノコのみならず、植物の名称(学名?)をよくご存じなので驚いています。

投稿: ODAWARA-S | 2014年9月 9日 (火) 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エーデルワイス | トップページ | フラワートレイルの花(1/2) »