« ディアボレッツァ展望台 | トップページ | スイス旅行で飲んだビール »

レーティシュ鉄道ベルニナ線/帰国

2014年8月9日(土) 14:28ベルニナ・ディアボレッツア駅(Bernina-Diavolezza:標高2093m)からベルニナ線普通列車に乗車。サDsc02348ン・モリッツとイタリアの町ティラーノを結ぶ路線は、「レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観」として2008年世界文化遺産に登録されている。黒い湖レイ・ネイル(Lej Nair)、白い湖ラーゴ・ビアンコ(Lago Bianco)を過ぎると、14:45ベルニナ線で最も標高が高い駅オスピツィオ・ベルニナ(Ospizio Bernina:標高2253m)に到着、駅舎はホテルを併設している。ラーゴ・ビアンコを挟んで対岸に見えるピッツ・カンブレナの峰々とそこから流れ出す幾筋もの氷河は圧巻の眺め。指定車両は我々だけの専用のため他国の人との触れ合いがDsc02365無い点は物足りないが、窓外には素晴らしい景色が連続する。14:53アルプ・グリュム駅(Alp Gruem:標高2091m)、駅舎は断崖絶壁の上に建つ。アルプ・グリュム駅を出ると、列車は右に左にカーブしながらゆっくりゆっくり下界めざして降りて行く。辺りはカラマツの純林、瑞々しい緑が美しい。15:07カヴァーリア駅(Cavaglia:標高1715m)、馬車で峠を越えていた頃の馬の付け替え場所である。谷が開けてくると、15:31ポスキアーヴォ駅(Poschiavo:標高1115m)に到着、イタリア語圏の町はカラフルで明るい。町中に教会の塔が3本見える。列車は河沿いを走るようになDsc02388り、やがて青い湖面のポスキアーヴォ湖(別名ミラー湖)にさしかかる。15:47 Le Prese駅(標高950m)。のんびり沿線風景を楽しめる各駅停車の旅は実に良い、寛げる。15:52ミララーゴ駅(Miralago:標高950m)、16:00ブルージオ駅(Brusio:標高760m)。その先にベルニナ線名物のオープンループ橋がある。列車は高低差を克服する為、360度回転しながら下って行く。16:09スイス領内最後の駅カンポコローニョ(Campocologno:標高580m)に到着。左側に並行して走る国道にスイスの国境検問所、次いでイタリアの国境検問所が見えると、間もなく列車はティDsc02405ラーノ市内に入る。16:17ようやくティラーノ駅(Tirano:標高429m)に到着、駅舎の壁に姉妹鉄道である箱根登山鉄道株式会社から寄贈された「ティラノ」の木製看板が掛かる。先回りして待っていたバスに乗り込みミラノ・マルペンサ空港へ向かう。雪を被る高山は見られなくなり、一面緑に覆われた山ばかり、標高が低くなったせいで車内が蒸し暑い。HARUKOさんの話の続き、「スイスの高速道路利用料金は年40フラン(4,500円)、毎年ステッカーを購入し車のフロントガラスに張り付ける。更新ステッカーさえ貼ってあれば高速道の乗り降りは自由、料金所はないので渋滞もなければ、料金所施設や要員も不要」、なるほど合理的、それにしても日本の高速道料金は高過ぎる。18:20サービスエリアでトイレ休憩、女性用が1ケDsc02427所しかなく時間がかかる。19:50ミラノ・マルペンサ空港ターミナル1に到着、そこでルツェルンへ帰るHARUKOさんと別れる。20:00カタール航空のカウンターに個人チェックイン、どうにか並び席の8Eと8Fを確保する。搭乗口B35のロビーで待つ間、クレジットカードでアイスバーを購入しブレーク。22:25 QR122便ドーハ行きに搭乗、外は突然の雷雨、飛び立てるか心配になる。機種はA320型、3-3席の並びで150人乗り?、略満席の盛況。23:15離陸、時計をドーハ時間に合わせ1時間進める(→8月10日0:15)。1:00食事サービス、オーストラリア産ビールのFOSTER'Sを飲む。酔いが回りうとうと。5:55ドーハDsc02431空港着陸。外へ出ると蒸し暑くむっとする。乗継時間に余裕がないので空港内を駆け足で移動し、7:10 QR810便羽田行きに搭乗する。やれやれ、慌ただしくトイレに行く暇もない。機種はB787-8型、座席は3-3-3席の並び、通路側27Dと28Dの前後席に座る。80%くらいの乗車率か、結構空席がある。8:00離陸、時計を日本時間に合わせ6時間進める(→14:00)。安定飛行に入ったところで席を移動、ふたりとも後部区画最前列の通路側席に座る。隣席は空いているし、前が広く脚が伸ばせるしで非常に楽。税関申告票を記入してから森敦著「意味の変容」を読む。15:00一回目の食事、フルーツヨーグルトだけを食べジュースとコーヒーを飲む。代りに少しDsc02445経ってからカップラーメンをもらい、持参の柿の種を摘まみにハイネケンビールも飲む。機はチベット高原の北縁を掠めるように飛ぶ。あと4時間半・4750㎞。読書に飽きて18時頃から2014年公開のアメリカ映画「ダイバージェント(Divergent:異端者)」を観て時間を潰す。SF映画はあまり面白くない。20:45二回目の食事はパス。23:23ようやく羽田空港安着。台風の影響なのか、大阪上空でループを描くなどして大幅延着、とうとう電車が無くなり今日中に家に帰れなくなる。モノレールの始発電車は5:17、それまでロビーの椅子で夜明かしする羽目に。あ~あ。(完)

|

« ディアボレッツァ展望台 | トップページ | スイス旅行で飲んだビール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ディアボレッツァ展望台 | トップページ | スイス旅行で飲んだビール »