« セルティック村で出逢ったきのこ | トップページ | ダヴォスの街中で出逢ったきのこ »

ヴァイスフルー(Weissfluh)

2014年8月8日(金) 14:52セルティック村からダヴォス・プラッツ駅に帰着。ここまでダヴォスカードの有難味があまり感じられなDsc02245かったので、次はカードを使ってダヴォスで最も標高が高い展望台ヴァイスフルーギプフェル(Weissfluhgipfel:標高2844m)へ上がってみることに。レーティッシュ鉄道にひと駅乗って隣駅のダヴォス・ドルフ(Davos Dorf)へ出て、パルゼン鉄道(PARSENNBAHN)のケーブルカー駅(標高1610m)へ急ぐ。15:15乗車。標高2219mの中間駅(Mittelstation)で乗り換えるとマウンテンバイク組が大勢乗り込んでくる。森林限界を超えるとケーブルカー下の斜面に緑はなくなり岩ばかりの荒涼とした景色になる。15:40ヴァイスフルーヨッホ(Weissfluhjoch:標高Dsc022482662m)に上る。ロープウェイに乗り継いで更に山頂のヴァイスフルーギプフェルへ。15:55到着。気象観測所?がある最高点までアプローチしてみたが、ちょうど施設の工事中で立ち入れず三角点は拝めない。北面が雲に隠れているが360度の大展望、独立峰の眺めは申し分ない。岩がごろごろしており植物は少ない。砂礫地にしがみつくように生えるキク科のドロニクム・グランディフロルム(Doronicum grandiflorum)、ナデシコ科タカツメグサの仲間のミヌアルティア・セドイデス(Minuartia sedoides)、同じくナデシコ科ミミナグサの仲間のケラスティウム・ラティフォリウムDsc02253(Cerastium latifolium)の3種を認めたに止まる。16:15発の下りロープウェイ(ギプフェル終発は16:35)、16:30の下りケーブルカー(ヨッホ終発は17:00)に乗る。16:55ダヴォス・ドルフに下山。HOTEL SEEHOFの芝生や植え込みできのこ探し、キシメジ属、ザラミノシメジ属、ヌメリイグチ属の3種を見つける。ダヴォス・ドルフ駅前から4番のバスに乗りダヴォス・プラッツにもどる。これでダヴォスカードを使い、ケーブルカー、ロープウエイ、列車、バスとひと通りの乗り物に乗ったことになる。聖ヨハン教会に入場見学、周りはダヴォスの旧市街地区とみえ、市庁舎(RATHAUS)、ホDsc02276テルZUR ALTENPOSTなど趣きある建物揃い。その後、近くのスーパーMIGROSで食料品を購入してからホテルに戻る。18:15帰着。シャワーを浴びてさっぱりしてから、残りの食料を総動員して豪華?な夕食、カップ麺(醤油ラーメンなっしー)、味噌汁、洋梨のシュトーレン、ワッフル、しみ煎餅、ブドウを食べ、更に焼きイカくんと柿の種を肴に、Brauerei Locher AGのQuoellfrisch Hell、COOPのPRIX Garantie、FeldschloesschenのANKERの3種類のビールを試飲する。そして帰国準備、スーツケースの荷造りにかかる。(続く)

|

« セルティック村で出逢ったきのこ | トップページ | ダヴォスの街中で出逢ったきのこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セルティック村で出逢ったきのこ | トップページ | ダヴォスの街中で出逢ったきのこ »