« ルリハツタケのお吸い物 | トップページ | 芋羊羹 »

きのこの絵本

Img1002014年10月31日(金) ちくま文庫『きのこの絵本』は、八ヶ岳南端の山麓、日野春に移り住んだ著者が画家ならではの感性で綴る、42種のきのこに関するエッセイと美しいスケッチから成る画文集、作者13年間に亘るきのこ道精進の集大成である。きのこ好きなら是非蔵書に加えたい1冊、中古本をこのほどAmazonで入手。取り上げられているきのこは食べられるものが多く、レシピ本としても参考になる。「きのこは1本1種」は蓋し名言、教えられる事が多い。また、ホテイシメジの項には、現在読み進めているガルシア・マルケス作の長編小説『百年の孤独』の件(くだり)も出てくるし、焼酎の銘柄「百年の孤独」まで出てくる。素晴らしい。

|

« ルリハツタケのお吸い物 | トップページ | 芋羊羹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルリハツタケのお吸い物 | トップページ | 芋羊羹 »