« 豊川稲荷東京別院(曹洞宗) | トップページ | ムキタケの季節 »

北海亭の最強きのこ鍋

Dsc039232014年10月18日(土) 丸の内線新宿御苑前駅徒歩1分の北海亭(東京都新宿区新宿2-1-9、℡:03-5379-5560)、昨日そこで名物のきのこ鍋を食べる。岩手県と富士山で採れる天然きのこだけを使用しているとのこと、Today's Mushroomと題するメニューには何と28種類ものきのこが並んでいる。旬が短かく保存が効かない茸のこと、当然季節により時期によって顔ぶれは変化するが、今日の鍋にも、アミタケ、シモコシ(金茸)、シモフリシメジ(銀茸)、タモギタケ、チャナメツムタケ、ナラタケ、ハツタケ、ハナイグチ、ヒラタケ、マイタケ、ムキタケ、ヤマブシタケと、少なくとも12種類は入っている。何と贅沢で何と豪勢な!。きのこ好きにはたまらない。東京広しといえども、星の数ほどレストラン・食堂・居酒屋があろうとも、これほど多種類の天然きのこが同時に入った鍋を出す店はまずあるまい。おそらくは日本最強のきのこ鍋。使うきのこの種類が多いほど、相乗効果によってうまみは増大する。エキスたっぷりの出汁で作ってもらった雑炊がこれまた絶品、ごちそうさまでした。

|

« 豊川稲荷東京別院(曹洞宗) | トップページ | ムキタケの季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豊川稲荷東京別院(曹洞宗) | トップページ | ムキタケの季節 »