« 乾しイチジク | トップページ | 天台山羅漢寺(曹洞宗) »

八雲神社(甲府市)

2014年11月4日(火) 八雲神社は、昇仙峡ロープウエイの山頂駅(パノラマ台駅)のある八王子山の山頂にDsc04631鎮座する。祭神は夫婦神の素戔嗚尊と櫛稲田姫命。拝殿傍らの説明板に、「永禄七年(1564)三月(今より約四百年前)建立。当地甲斐の国巨摩郡猪狩村の氏神で古来より石祠内には石棒を安置して祀り、夫婦和合と武運の神として地元猪狩村はもとより近郷近在の民衆からの信仰は厚く、縁結びの神としても知られ、この地が金桜神社の古い参道の要所であったこともあり、参詣者の休息と道中の安全を祈願したところであります。境内千三百八十坪、拝殿は昭和四十三年再建」と、由緒書きがある。県営無料駐車場から昇仙峡を渓谷沿いに歩き覚円峰・仙娥滝等の名所を見物、昇仙峡ロープウエイに乗ってパノラマ台に上り、羅漢山登頂後にお参りする(詳しくは、ブログ『自惚山人ノオト』の記事、「533.昇仙峡と羅漢寺山」をご参照ください)。

|

« 乾しイチジク | トップページ | 天台山羅漢寺(曹洞宗) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乾しイチジク | トップページ | 天台山羅漢寺(曹洞宗) »