« 菜園の恵み(119) 苺 | トップページ | ドイツ語会話 »

定点観察・船橋県民の森(船橋市)

2014年11月30日(日) 午後、船橋県民の森へ。到着すると、第1駐車場どころか第3林間駐車場も略満車、奥まった所に何Dsc05121とか駐車する。園内のバーベキュー広場は家族連れで大賑わい、運動広場は少年野球チームが試合中、隣接する船橋市青少年キャンプ場でもガールスカウトが集う行事ありで、むべなるかな。キャンプ場の管理人さんに出会い、「きのこ採り?」と尋ねられ、「きのこの写真撮り!」と答えると、管理事務所脇に置いてあるシラカシの幹の輪切りに生えたきのこが何か見て欲しいとのこと。案内されて行って見ると立派なヒラタケが傘を重ねている。持ち帰っても構わないとのことで有難く頂戴する。園内は落ち葉が深く積り、地上生のきのこを探すのは難しく、専ら材上生の硬質菌の観察に終始。
《観察種》
1.アシナガタケ、2.アラゲキクラゲ、3.オオチリメンタケ、4.キウロコタケ、5.コガネウスバタケ、6.スエヒロタケ、7.スッポンタケ、8.ダイダイガサ、9.ニガクリタケ、10.ネンドタケ、11.ニクウスバタケ、12.ニセニクハリタケ、13.ハナビラニカワタケ、14.ヒラタケ、15.ミノタケ、16.ヤケイロタケ
(写真は、左上から時計回りに、7、9、13、14の順)
Dsc05061Dsc05086Dsc05110Dsc05116











|

« 菜園の恵み(119) 苺 | トップページ | ドイツ語会話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菜園の恵み(119) 苺 | トップページ | ドイツ語会話 »