« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

年越しそばと歳取り魚

2014年12月31日(水) 昼食に年越しそば、夕食に年取り魚を食べて今年を締めくくる。年越しそばは海老天入り、最近エビが高騰しているせいか例年より大分小ぶりである。歳取り魚は仙台の実家の慣習を守り子持ちナメタガレイ、これも年末は高騰するので12月上旬に購入し、調理を済ませ冷凍していたもの。「今日無事」を積み重ねてとうとう12月31日、まずまず健康に恵まれ今日の日を迎えられたことを両親と御先祖様と天に感謝。

本年も「楽山楽水日記」、「自惚山人ノオト」、「釣魚迷日誌」のご愛読、誠にありがとうございました。皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。
Dsc05632Dsc05634

| | コメント (0)

沢庵漬け

2014年12月30日(火) 12月8日に漬けた沢庵を桶から出して試食。細い大根を乾燥し過ぎたようで水は殆ど上ってきていない。下のものを選び、糠を洗い落とし、薄切りにして食べてみる。しなこい(仙台方言:弾力があって噛み切れない)けれども素朴な味わい、美味い!。これぞ昔ながらの沢庵漬け、おふくろの味ここに甦る。市販のものは色がどぎつく、甘ったるくて食べる気がしないが、これなら酒の肴にも飯のおかずにも良い。来年は大根を沢山作り、どっさり沢庵を漬けようと固く心に決める。
Dsc05237Dsc05613

| | コメント (0)

カリンジュース

2014年12月29日(月) 昨年の11月16日に仕込んだカリンジュース、1年を経過したので実を引きあげる。カリンのぶつ切りに氷砂糖を入れただけのシンプル製法、カリンの実は水分が少ないので、収量は思ったより悪い。それだけに貴重品、水で4、5倍に薄めて試飲する。酸味が少なく梅ジュースほどさっぱりはしないが風邪ひきの身には良さそう、毎日少しづつ大事に味わうことにしよう。
20131115dsc05440Dsc05610


| | コメント (0)

赤沢富士で出逢ったきのこ

Dsc055542014年12月27日(土) 今日は、今年の山行納めとて茨城県は城里町の那珂川右岸に聳える赤沢富士(標高275m)に登ってきたが、皇都川沿いの林道で倒木に大量発生しているエノキタケを発見。ちょうど食べ頃であったが、柏よりも福一原発に近い場所なので採取はせず写真のみ撮る。

| | コメント (0)

ひたちなか産干し芋と上山特産紅柿

Dsc055402014年12月26日(金) 22日に干しイモが、24日には干し柿がお歳暮で届く。贈り主は仙台に住む息子夫婦。どちらも大好物であり有難いのであるが、勤め先のボーナスがそんなに出た筈はなく、住宅ローンの支払いも抱えているのに・・、何かこれにはきっと裏があるに違いないと、家人は勘ぐることしきり。まぁここは素直にありがたくもらっておこう。日頃、きのこ狩りや釣行など宮城県内各所に出撃し、まめにブログネタを寄せてくれるので、お正月に来た時に取材費相当は渡さねばならないかもしれぬ。
ほしいもは由緒正しい茨城県ひたちなか市産、1キログラム入り袋が3つ、内訳は紅はるか丸干し(ひたちDsc05453なか市平磯町2656-1 桜井省一郎氏生産)、イズミ平ホシイモ(ひたちなか市部田野1393 大須賀優氏生産)、紅はるか平干し芋(ひたちなか市阿字ヶ浦752 岡部惣次氏生産)。干し柿は上山特産の紅つるし柿、LL50果入りで、生産者はかねこ農園(山形県上山市相生54)。何にしてもごちそうさま

| | コメント (0)

定点観察・船橋県民の森(船橋市)

2014年12月25日(木) 午前中にハスラーの年末清掃を済ませ、午後から船橋県民の森へ。伐採木が放置されたり積み上げられたりしている箇所が多いので、硬質菌など木材腐朽菌の観察にはもってこい、冬枯れの今は林の奥にも立ち込める。途中、先日のヒラタケの御礼に青少年キャンプ場の管理事務所に立ち寄る。管理人のSさんは秋田の横手市のご出身とのことで、同じ東北県人会同士、大いに話が盛り上がる。
《観察種》
1.アシナガタケ、2.エゴノキタケ、3.エビコウヤクタケ?、4.オオチリメンタケ、5.カイガラタケ、6.カワラタケ、7.キヒラタケ、8.クロコブタケ、9.シックイタケ?、10.スエヒロタケ、11.チャウロコタケ、12.チャカイガラタケ、13.チリメンタケ、14.ツヤナシマンネンタケ?、15.ニクウスバタケ、16.ニセニクハリタケ、17.ネンドタケ、18.ハナビラニカワタケ、19.ヒメキクラゲ、20.ヒメシロカイメンタケ、21.ミノタケ、22.ムササビタケ、23.ヤケイロタケ、24.25.26.不明種
(写真は、左上から時計回りに、1、7、22、23の順)
Dsc05458Dsc05524



Dsc05494Dsc05520










| | コメント (0)

寒茸の辛味大根おろし和え

2014年12月24日(水) 一昨日、手賀の丘公園で採取したエノキタケとヒラタケを一晩塩水に浸け虫出しと汚れ落とし、小鍋にとって日本酒と醤油を加えてひと煮立ち。それに家庭菜園で採れた辛味大根を摩り下ろして添えれば立派な酒肴の出来上がり、ビールのお供にぴったりです。原発事故以来、我が家に於ける東葛地区(柏市含む)産天然きのこの人気は凋落、家人の厳命により、家への持ち込みはもとより採取もご法度となっております。今回は特にお目こぼしを願い、こうなったら男の手料理、単身赴任11年のキャリアを活かし全部自分で作りました。食べるのは無論私だけであります。
Dsc05445Dsc05537

| | コメント (0)

佐倉市立美術館 「安井曽太郎の世界」展

Img1102014年12月23日(火) とりたてて好きな画家という訳ではないけれど、今日は天気が良いのでドライブを兼ね、佐倉市立美術館で開催中(11月22日~12月25日)の特別展「安井曽太郎の世界」を見に行く。観覧料は800円。代表作はパンフレットを飾る《金蓉》(1934年、東京国立近代美術館蔵)であるが、他に椅子に座る婦人像をモチーフにした作品として、《座像》(1929年、個人蔵)、《F夫人像》(1939年、ブリジストン美術館蔵)、《手袋》(1943-44年、ふくやま美術館蔵)なども出展されている。「安井様式」と呼ばれる、独自のデフォルメ・省略・強調技法で描かれる人物画は、モディリアーニほどではないにしろ、安井曽太郎の作品と分るほどの個性と特長を備えている。KS鋼の発明者にして鉄鋼の世界的権威本田光太郎博士を描いた《本田光太郎肖像画》(1936年)と、《少女像》(1937年)は共に宮城県美術館蔵の作品であり、三年前にも現地で観た筈であるが・・、どうも良く思いだせない。藤田嗣治の《横たわる貴婦人》や東郷青児の《コーヒーを飲む女》の印象は残っているのだが・・。1時間ばかりざっと鑑賞し、一階にあるカフェ、ブォナ・ジョルナータの美味しそうなベルギービールを横目に退館。

| | コメント (0)

柚子

Dsc054402014年12月22日(月) 家内が15年来通う着物着付け教室のお師匠さんから今年も自家産ユズを頂戴しました。今日はくしくも冬至、柚子湯にゆっくり入り芯から温まれば、風邪も良くなるでしょう。Mさま、いつもありがとうございます。

| | コメント (0)

定点観察・手賀の丘公園(柏市)

2014年12月22日(月) 今日は旧暦の十一月朔日(一日)と冬至が重なる朔旦冬至、つまり太陽と月の復活の日が重なる19年に一度という珍しい日とのこと。大安でもあるので、引き籠もりをやめて久しぶりに外出、手賀の丘公園へ寒茸取りに行く。心当たりの切り株や倒木を数カ所回り、エノキタケとヒラタケをほどほどに収穫。今の時期、園内には野鳥(ウソ、ミヤマホオジロなど)を観察する人がたむろし、藪や林に立ち入らねば仕事にならないきのこ採りにはやっかい、お互いに商売敵のようなもの、それでも多勢に無勢、非常に分が悪い。(写真:左はエノキタケ、右はヒラタケ)
Dsc05422Dsc05437



| | コメント (0)

ハゼの焼干し

2014年12月19日(金) お正月が近づいてきたのでハゼの焼き干し作り。我が家の仙台風雑煮のダシに欠かせない。ハゼは自分で釣ったものではなく、Dsc05341仙台に住む息子夫婦がこの秋、奥松島や塩釜港に何回か出撃して釣りためていたもの。前回、帰省した折りに冷凍品を頂戴してくる。20㎝を超えるジャンボハゼも10尾ほど交じっていたが、天婦羅にして食べたものもあり、残るは17尾、今の天気なら1週間もあれば干し上るであろう。ハゼの焼干しは非常に高価で、大型は1連10尾が3,000~4,500円も(不漁の年は6,000円の例も)するし、ハゼ出汁は独特の風味があって食べつけない人は抵抗あるしで、今では地元仙台でもハゼ出汁で雑煮を作る家庭は、少数派どころか絶滅危惧種らしい。我が家でも東京出身の家人は鶏出汁派、ハゼ出汁の雑煮を作ってもらうには、年末大掃除に骨身惜しまず協力し、来月渡す生活費を大幅増額するなど、いろいろな工夫や労苦を伴う。まぁ年に一回のお正月、仕方がありません。

| | コメント (0)

甲州名産 枯露柿

Dsc053392014年12月18日(木) 10日に山歩きに出かけて以来、風邪気味で絶不調、今日で1週間も家に引き籠もる。どこにも取材に出かけられないので、ブログネタもなく、家人が近所のスーパーで購入してきた甲州名産・枯露柿を記事に仕立てる始末、情けない。干し柿は干しイモと並ぶ私の大好物のひとつ、この秋(11月4日)昇仙峡を訪れた時、大型渋柿「甲州百目(こうしゅうひゃくめ)」が道の駅の売り場に山と積んであり、よほど購入して自分で干し柿を作ろうと思ったが、失敗してはと思いとどまった経緯がある。枯露柿の原料は甲州百目、生でも1個50~100円するのに、干し柿6個入り1パックが645円(税込)、1個100円強、手間要らずだし、プロの作る干し柿だけに見栄えも良い。さあ、好物を食べて少し元気になろう。

| | コメント (2)

里芋コロッケ

Dsc051592014年12月13日(土) サツマイモと並び頭が痛いのがサトイモの消費、今年は出来が良く、今のところ24㎏。コロッケを作ったりもしているがなかなか。

| | コメント (2)

ほしいも作り再び

Dsc053272014年12月12日(金) 午前中いっぱいかけて再びほしいも作り、大きな蒸し缶2つで3回転。前回2日に作ったものは数日前に既に干しあがり乾燥品の重量は2.7㎏、今回も同じぐらいはあるので全部で5㎏強、苗代の元は十分とれたであろう。但し、巨大な芋は中心部に鬆(す)が入り、乾燥させるとその部分が黒ずんで見た目が悪くなるばかりか、もさもさして食感もいまいち、美味しくない。所詮素人の手作り、ひたちなか産の干しいもに対抗しようと思うのが間違い、まぁこんなものであろう。

| | コメント (0)

シシトウ種取り

Dsc052452014年12月9日(火) 流しのごみ取り用ネットに入れてベランダに吊るしておいたシシトウが干しあがったので今日は種取り。シシトウは自分で種を取り、容易に累代栽培が出来るけれども、次第に辛味がでてくるのが難点。苗は2、3本もあれば十分なので、ホームセンターで購入する方が正解、わざわざ実生から育てるまでもない。

| | コメント (0)

沢庵漬つくり

Dsc052292014年12月8日(月) ダイコンが干し上ったのでいよいよ沢庵漬けに挑戦。11月21日に干し始めたので既に17日、ちょっと干し過ぎかもしれません。ただでさえ小さい大根がネズミの尻尾の様な情けない有様になりました。気を取り直し、ネットで調べたレシピに従い、特に大根、塩、米ぬか、ザラメの分量は秤で正確に計ります。結果、原材料は、乾し大根20本・2.2㎏、柿・ミカンの皮の乾燥品90g、塩100g、米ぬか300g、ザラメ60g、鷹の爪1本、大根の葉の乾燥品200gとなりました。今回は試し漬けなので昆布と柚子は使いません。プラスチックの樽の中に内袋のビニール袋を敷き、予め良く混ぜた糠・塩・ザラDsc05234メ混合品を敷きます。大根を一列に並べ、隙間に大根の葉を詰め、果物の皮、鷹の爪などを散らします。その上に糠・塩・ザラメを散らし、2段目の大根を並べます。樽が大き過ぎたのか、大根が小さすぎるのか、2段目途中であっけなく終了です。大根の葉を被せ、残りの糠・塩・ザラメを全部ふりかけ、内蓋をし、その上に先祖伝来?、仙台の実家にあった漬物石三個を載せました。20日ほどで食べられるとのこと、さても楽しみです。

| | コメント (0)

相模国一宮 寒川神社(寒川町)

Dsc052232014年12月6日(土) 寒川(さむかわ)神社は、神奈川県高座郡寒川町宮山3916番地に鎮座し、祭神は寒川比古命(さむかわひこのみこと)と寒川比女命(さむかわひめのみこと)の2柱、2神を合せて寒川大明神と称している。創建は不詳であるが、日本総国風土記によれば、今から約千五百年前の雄略天皇の御代、朝廷より奉幣のことが記されている。
大磯町の高麗山に登った帰り、東海道線で平塚から横浜へ戻る途中、茅ヶ崎で相模線に乗り換え宮山駅で下車し神前に詣でる。到着した時はすでに15:00、一天俄かに掻き曇り、時雨まで降りだして気温急降下。境内が薄暗くなり、参詣客もまばらになる。一の宮にふさわしく確かに社殿は豪壮であるが、境内にこれといった見るべきものがなく、お参りを済ませただけで早々に退出する。

| | コメント (2)

高来神社(大磯町)

Dsc052162014年12月6日(土) 高来神社(たかくじんじゃ)は神奈川県中郡大磯町高麗2-9-47に鎮座し、祭神は神皇産霊尊(かんみむすひのみこと)、天津彦穂瓊瓊杵尊(あまつひこほのににぎのみこと)、応神天皇(おうじんてんのう)、神功皇后(じんぐうこうごう)の4柱。創建は神武天皇朝と伝わる。
高麗山(標高167m)に登る前に、登山口にある高来神社に参詣し、「今日無事」を祈願する。山行記は姉妹ブログ「自惚山人ノオト」の「536. 高麗山」参照。

| | コメント (0)

武蔵国一宮 小野神社(多摩市)

2014年12月5日(金) 多摩市一ノ宮1-18-8番地に鎮座し、祭神は天下春命(あめのしたばるのみこと)と瀬織津姫命(せおりつひめのみこと)の2柱。創建Dsc05176は安寧天皇十八年(紀元前532年)と伝わる。
義父の七回忌の墓参りに小平霊園へ行った序に、少し足を延ばしてお参りする。京王線聖蹟桜ヶ丘駅近くの住宅地の中にあり、参詣者用駐車場は僅かに2台。街中なので仕方がないかもしれないが、一の宮にしては境内地が狭い。朱塗りの社殿も派手ではあるが重厚さに欠けている。神主は常駐してはいない様子、社務所や御守授与所は閉まっており、境内は森閑としている。見所の木造随身倚像(東京都指定文化財、鎌倉時代末期の古像)を収める保管庫の扉も固く閉まっているし・・、お参りを済ませただけて早々に退出する。

| | コメント (0)

菜園の恵み(120) 秋ジャガ

2014年12月4日(木) 春に収穫したインカルージュとインカのめざめの子芋を8月29日に植え付けて秋ジャガに初挑戦したものの見事に失敗、収穫量は僅かに500g。出芽したのが9月下旬と遅く、芋が太る地中温度20℃の期間を十分確保できなかったためと思われる。もう少し早めの8月中旬頃植えた方が良いのか、それとも秋ジャガ栽培に適した品種(農林1号、普賢丸など)を選ばないと駄目なのか、素人にはどうも良く分らない。(左の写真は11月17日の様子)
Dsc04829Dsc05190

| | コメント (0)

ヒラタケの煮付け

2014年12月3日(水) 先日、船橋県民の森に行った時、青少年キャンプ場の管理人さんから頂いた立派なヒラタケは、半日塩水に浸けて虫出ししてから、酒と醤油と砂糖を加えて煮付けにしました。肉厚で歯触りが良く、ご飯のおかずに重宝しております。
20141130dsc05153Dsc05238

| | コメント (0)

ほしいも作り

2014年12月2日(火) 家庭菜園で取れたサツマイモ(今のところ、紅はるか・安納紅・安納黄金の3種計で42㎏、未だあと15㎏くらい取れそう!)を、何とか消費するために、娘夫婦、息子夫婦、親戚、知人、ご近所に配った後、この1か月というものほぼ毎日、芋羊羹にして食べてきたが、とうとう胸が一杯になりギブアップ。今日から暫らく、乾燥した気温の低い好天が続く予報なので、意を決して干しいもを作ることに。家人は蒸し方と皮剥き方、自分は切り分け方と乾し方に役割分担し、朝一から流れ作業、何とか午前中に大芋の大半を片づける。上手くいけば一週間ほどで干しあがる。焙れば甘味が乗って何とか食べられる。乾燥品を冷凍庫で保存すれば1年間は持つし、非常食にもなる。
Dsc05156Dsc05163

| | コメント (0)

定点観察・増尾城址公園(柏市)

2014年12月1日(月) 午後から雨が上がったので増尾城址公園へエノキタケを採りに行く。結果は不発。園内の切り株を50本ほど見回ったが、昨年までエノキタケが発生した切り株の多くに出ていたのはタマチョレイタケやヒメモグサタケやカワラタケ、劇場の主役交代である。まあ、増尾城址公園では初見のクリタケ(写真)との出逢いがあったことで良しとする。
《観察種》
1.アシナガタケ、2.アラゲキクラゲ、3.エノキタケ、4.キウロコタケ、5.クリタケ
Dsc05143Dsc05144





| | コメント (0)

ドイツ語会話

Img1052014年12月1日(月) 去年、今年と旅行会社のパックツアーでスイスに出かけたが、来年はできれば、往復航空券とホテルを自分で手配し、一カ所の町か村に10日間くらい滞在して、近場のハイキング・トレッキングときのこ&高山植物観察を存分に楽しみたいと思う。その場合、必要になるのがちょっとしたドイツ語の会話力、現地の人には英語が通じないことがままある。大学で履修した第二外国語はドイツ語だったし、会社の仕事の関係上、ドイツ語の文献は沢山読んだので、全く不案内という訳ではないけれど、「イッヒ・フンバルト・デル・ウンチ」のレベルでは心許ない。そこで、今日から、NHKのラジオ講座「まいにちドイツ語」で勉強することに。ドイツやオーストリア旅行にも役立つし、ボケ防止にもなる。Gibt es noch Karten fuer heute?、さあ、はじまり始まり。

| | コメント (4)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »