« 菜園の恵み(120) 秋ジャガ | トップページ | 高来神社(大磯町) »

武蔵国一宮 小野神社(多摩市)

2014年12月5日(金) 多摩市一ノ宮1-18-8番地に鎮座し、祭神は天下春命(あめのしたばるのみこと)と瀬織津姫命(せおりつひめのみこと)の2柱。創建Dsc05176は安寧天皇十八年(紀元前532年)と伝わる。
義父の七回忌の墓参りに小平霊園へ行った序に、少し足を延ばしてお参りする。京王線聖蹟桜ヶ丘駅近くの住宅地の中にあり、参詣者用駐車場は僅かに2台。街中なので仕方がないかもしれないが、一の宮にしては境内地が狭い。朱塗りの社殿も派手ではあるが重厚さに欠けている。神主は常駐してはいない様子、社務所や御守授与所は閉まっており、境内は森閑としている。見所の木造随身倚像(東京都指定文化財、鎌倉時代末期の古像)を収める保管庫の扉も固く閉まっているし・・、お参りを済ませただけて早々に退出する。

|

« 菜園の恵み(120) 秋ジャガ | トップページ | 高来神社(大磯町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菜園の恵み(120) 秋ジャガ | トップページ | 高来神社(大磯町) »