« 久米島で出逢った花 | トップページ | 平成二十七年お年玉年賀切手 »

久米島で出逢ったきのこ

今の時期の久米島に傘を作るきのこは極めて少ない。倒木や切株にも、黒カビや白カビのように見える種類の菌しか見当たらない。草叢や藪の中にはハブが潜むとのことでさすがに立ち込めず、丁寧に探せなかった事にも原因はある。見つけたのは具志川城址で広葉樹の倒木に出ていたミナミレンガタケと思われる硬質菌ただ1種のみ、今回も貧果に終わる。
Dsc06052Dsc05832

|

« 久米島で出逢った花 | トップページ | 平成二十七年お年玉年賀切手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久米島で出逢った花 | トップページ | 平成二十七年お年玉年賀切手 »